李鎬雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李鎬雨
誕生 1912年[1]
慶尚北道 淸道郡
(現在の大韓民国の旗 韓国
死没 1970年
職業 詩人
言語 韓国語
国籍 大韓民国の旗 韓国
教育 京城第一普通学校東京芸術大学
活動期間 1939年 – 1970年
ジャンル
代表作 「開花」、「休火山」
デビュー作 「落葉」、
テンプレートを表示
李鎬雨
各種表記
ハングル 이호우
漢字 李鎬雨
発音: イ・ホウ
英語表記: Ho-woo Lee
テンプレートを表示

李鎬雨 (イ・ホウ、이호우、1912年3月2日1970年)は韓国詩人である。慶尚北道清道(チョンド)出身。[1]

略歴[編集]

雅号は爾豪愚である。1912年3月2日に生まれる。京城第一普通学校を卒業して、東京芸術大学で修学した。

1939年『東亜日報』に「落葉」が入選して登壇し、1940年には『文章』に「月夜」が推薦された。それから、『爾豪愚時調集』(1955)と『休火山』(1968)を出版した。

彼の詩調には、生命に対する意志と、炸裂する情念、強烈な現実批判などがよく表れている。詩調に現代詩的な感受性と、自由詩的な要素を加えて「詩調の国民化」に努めた詩人として評価されている。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

  • 1939年、『낙엽』(落葉)[2]
  • 1940年、『달밤』(月夜)
  • 1955年、『이호우시조집』 (爾豪愚時調集)
  • 1968年、『휴화산』(休火山)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [2] 韓国現代文学大辞典 2014年閲覧。