李美敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李美敬(Miky Lee)
生誕 (1958-04-08) 1958年4月8日(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 [1][2]
出身校ソウル大学校 家政管理学科
ハーバード大学大学院 東アジア学 修士
復旦大学大学院 中国史学 博士
職業実業家
団体CJグループCJエンタテインメント
配偶者김석기( - 1994年
李孟熙(父、CJグループ名誉総裁)
孫福南(母)
李美敬
各種表記
ハングル 이미경
漢字 李美敬
発音: イ・ミギョン
英語表記: Lee Mi-kyung
テンプレートを表示

李美敬(イ・ミギョン、: 이미경: Miky Lee〈ミキー・リー〉[3]1958年4月8日 - )は、大韓民国で活動する韓国系アメリカ人実業家映画プロデューサーCJグループ副会長。アメリカ合衆国ミシガン州出身。

学歴[編集]

来歴[編集]

1981年にソウル大学校を卒業。その後アメリカハーバード大学大学院に留学していた頃、韓国に対する劣悪な認識に接し、「素晴らしい韓国の文化コンテンツを基に、外国人に韓国を正しく認識してもらわなければならない」という志を持つ[4]

1995年、第一製糖(現CJグループ)に入社。同年、第一製糖がハリウッドに映画会社ドリームワークスを共同設立する投資交渉を成功に導き、ドリームワークスの資本の30%に相当する3億ドルを第一製糖が投資したことから、ドリームワークス映画のアジア配給権を獲得しコンテンツ事業の礎を築く[5][6]

映画製作ならびに投資、シネマコンプレックスを通じた配給の分野を拡大し、CJ E&M(現CJ ENM)の経営にも積極的に参加。また、音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組『スーパースターK』などを成功させた他[7]、コンベンション型韓流文化フェスティバル「KCON」を推進した[8]

2006年には世界女性賞経営部門を受賞[9]

ポン・ジュノ監督の『母なる証明』、『スノーピアサー』、『パラサイト 半地下の家族』、パク・チャヌク監督の『親切なクムジャさん』、『サイボーグでも大丈夫』、『渇き』、『お嬢さん』、キム・ジウン監督の『グッド・バッド・ウィアード』などの映画に、エグゼクティブ・プロデューサーあるいは製作総指揮として参加している(全て配給はCJエンタテインメント[10]

経歴[編集]

  • 1995年:第一製糖(現CJグループ)入社
  • 1998年:CJエンタテインメント マルチメディア事業部 取締役
  • 1999年:CJエンタテインメント 事業部 常務補
  • 2002年:CJエンタテインメント 事業部 常務
  • 2005年:CJアメリカ 副会長
  • 2005年:CJメディア 副会長
  • 2007年:芸術の殿堂 副会長
  • 2011年 - 現在:CJグループ副会長
  • CJ E&M 総括副会長
  • 2017年7月 - 現在:アメリカ映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会員
  • CJ ENM 総括副会長

親族[編集]

  • 祖父:李秉喆(1909年 - 1987年) - サムスングループおよびCJグループ創業者
  • 祖母:朴杜乙(1907年 - 1999年)
    • 父:李孟熙(1932年 - 2015年) - CJグループ名誉総裁
    • 母:孫福南(1934年 - )
    • 叔父:孫京植(1939年 - ) - CJグループ代表取締役
      • 前配偶者:김석기(1957年 - )
      • 弟:李在賢(1961年 - ) - CJグループ会長
        • 甥:이경후(1985年 - )
        • 甥:이선호(1990年 - )
      • 弟:李在煥(1962年 - )- CJパワーキャスト代表
        • 甥:이소혜(1992年 - )
        • 甥:이호준(2000年 - )

受賞歴[編集]

  • 1997年:ダボス世界経済フォーラム 次世代リーダー100人
  • 2005年 - 2015年:大衆文化パワーリーダー30
    • 2005年(2位) / 2006年 - 2010年(1位)[11] / 2011年 - 2012年(2位)[11] / 2013年 - 2014年(1位) / 2015年(5位)[12]
  • 2006年:世界女性賞 経済部門[13]
  • 2007年:韓国能率協会 韓国の経営者賞[14]
  • 2012年:フォーブス アジアのパワービジネスウーマン50人[15]
  • 2014年:フォーブス アジアのパワービジネスウーマン50人[16]
  • 2014年:クロアチア政府勲章(Red Danice hrvatske s likom Blaza Lorkovica)[17]
  • 2018年:世界銀行「女性起業家資金イニシアティブ リーダーシップグループ」選定[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://dart.fss.or.kr/dsaf001/main.do?rcpNo=20180709000319
  2. ^ http://dart.fss.or.kr/dsaf001/main.do?rcpNo=20111129000842
  3. ^ 『パラサイト 半地下の家族』が史上初の快挙。製作陣が誰よりも感謝を伝えたいと願うのは…”. BuzzFeed Japan (2020年2月10日). 2020年2月15日閲覧。
  4. ^ 이미경 CJ 부회장 카메라 앞에 서다” (2014年3月14日). 2020年2月15日閲覧。
  5. ^ 李美敬CJグループ副会長、大衆文化を牛耳る大物”. 東亜日報 (2013年5月24日). 2020年2月15日閲覧。
  6. ^ 「半地下の家族」成功を生んだサムスン創業者の遺訓”. JBpress (2020年2月13日). 2020年2月15日閲覧。
  7. ^ [여의춘추-손수호 또다른 슈퍼스타 이미경]” (2010年11月1日). 2020年2月14日閲覧。
  8. ^ CJ그룹 케이콘, 엔터산업 본거지 "LA를 침공하다" - 머니투데이 뉴스” (2013年8月26日). 2020年2月15日閲覧。
  9. ^ 李美敬CJグループ副会長「世界女性賞」受賞、アジア初めて”. 中央日報 (2006年10月12日). 2020年2月15日閲覧。
  10. ^ <커버스토리> 슈퍼스타K·MAMA 해외공연…히트작은 모두 그녀에게서 나왔다”. 해럴드경제 (2012年6月15日). 2020年2月15日閲覧。
  11. ^ a b <2012대중문화 파워리더 빅30>으로 본 10년간 대중문화 권력이동, 영화ㆍ드라마에서 K-팝으로”. 헤럴드경제 (2012年12月27日). 2020年2月15日閲覧。
  12. ^ [대중문화 파워리더 빅30 ④ 1위~10위…나영석, 예능PD 최초 첫 빅5]”. 헤럴드경제 (2015年12月28日). 2019年5月28日閲覧。
  13. ^ [Close-up '세계여성상' 받은 이미경 CJ엔터테인먼트 부회장 인터뷰]”. 지면보기 (2006年10月15日). 2019年5月28日閲覧。
  14. ^ KMA 한국능률협회”. 2019年5月28日閲覧。
  15. ^ Asia’s 50 Power Businesswomen”. フォーブス. 2020年2月15日閲覧。
  16. ^ Lee Mi-kyung 55 (South Korea)”. 2020年2月15日閲覧。
  17. ^ “크로아티아 여행 다룬 ‘꽃보다 누나’ 보고싶어”” (2014年9月2日). 2020年2月15日閲覧。
  18. ^ 이미경 CJ 부회장, 세계은행 ‘여성기업가기금 리더십 그룹’ 선정” (2018年5月1日). 2019年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]