李沢楷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李澤楷(英:Richard Li, 1966年11月8日-)は香港実業家。大富豪李嘉誠の次男で、香港の通信会社PCCWを含むパシフィック・センチュリー・グループ(PCG)の創業者である。

プロフィール[編集]

香港最大の企業集団・長江実業グループのオーナーである李嘉誠の次男として生まれ、スタンフォード大学で電子工学を学んだ。カナダの投資銀行などで働いた後、1990年に、長江実業グループのハチソン・ワンポアに入社、香港で衛星放送局スターTV(現STAR)を設立した。3年後に、このスターTVをルパード・マードックニューズ・コーポレーションに9億5000万USドルで売却し、その利益の一部でPCG社を創業した。

2000年、PCCWは香港最大の通信会社ケーブル・アンド・ワイヤレスHKTを買収した。また2001年には、PCGの日本法人が東京丸の内パシフィックセンチュリープレイス丸の内JR東日本東京駅空中権も活用して建設した。 2006年にオフィス部分のみをダヴィンチ・アドバイザーズへ売却したが、現在もフォーシーズンズホテル丸の内東京は保有して経営を続けている。

中国政府と関係が深く、北京市の中国人民政治協商会議委員を務め[1][2]清華大学経済管理学院顧問委員に名を連ねてる他[3]、兄の李沢鉅中国人民政治協商会議常任委員[4])とともに中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典に出席した[5]

パシフィック・センチュリー・グループ[編集]

  • PCCW:香港最大の固定通信会社。
  • PCRD(Pacific Century Regional Developments):PCCWの親会社。シンガポール上場。
  • PCPD(Pacific Century Premium Development):香港上場の不動産会社。

出典[編集]

  1. ^ 十一届-历届委员-北京市政协”. 中国人民政治協商会議北京市委員会. 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ 李家誠、李澤楷等港澳富商擔任北京政協委員_”. 大公網 (2013年1月15日). 2017年11月24日閲覧。
  3. ^ 清华大学经济管理学院-顾问委员会名单”. 清華大学経済管理学院. 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ 全国政協、香港委員から16人が常務委員に”. 香港ポスト (2013年3月13日). 2017年12月22日閲覧。
  5. ^ 「清華大学顧問」という名の国際的「習近平ブレーン」の顔ぶれ--樋泉克夫”. ハフポスト (2017年12月5日). 2017年11月29日閲覧。

伝記・関連書籍[編集]

  • 西原哲也「秘録・華人財閥=日本を踏み台にした巨龍たち」(NNA、2008年7月) 

外部リンク[編集]