李権武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李権武
各種表記
ハングル 리권무
漢字 李權武、李健武
発音: リ・グォンム
日本語読み: り けんぶ
ローマ字 Lee Kwon-mu、Lee Gwon-mu
テンプレートを表示

李 権武(り けんぶ、리권무,1914–1986?[1])は朝鮮民主主義人民共和国軍人延安派に所属。朝鮮戦争開戦時の第4師団長。

人物[編集]

1914年、満州で生まれる。

中国共産党に入党すると方虎山と共に東方勤労者共産大学に留学。

1939年、延安に帰還し、抗日軍政大学東北幹部訓練組で学んだ。後に八路軍第359旅第718団作戦訓練参謀。

1942年、中共中央海外委員会研究班朝鮮組に配属。

1945年、朝鮮義勇軍第5支隊参謀長。

1946年、帰国。朝鮮人民軍に入隊し、国境警備旅団長。

1948年3月、労働党中央委員会委員(第2回党大会)。

1949年、朝鮮人民軍少将。

1950年、第4師団長[† 1]。同年6月、議政府方面に侵攻。同年7月、烏山の戦いでスミス支隊を、大田の戦い第24師団を撃退する。同年8月、釜山橋頭堡の戦いで再び第24師団と交戦して優勢に進攻したが、アメリカ軍の反撃を受け第4師団は再起不能となった。

1950年10月、第1軍団長。平壌奪還作戦に参加。

1953年8月、労働党章則修正委員。

1954年7月、朝鮮人民軍中将。

1956年4月、労働党中央委員会委員(第3回党大会)。

1957年8月、最高人民会議第2期代議員当選、最高人民会議常任委員会委員。9月、朝鮮人民軍総参謀長、大将。

1958年1月、国旗勲章第1級を受章。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人民軍精鋭師団と謳われ第3師団と共に主攻を担当した。1個連隊は元中共連隊であった。
  1. ^ Edwards 2006, p. 476

参考文献[編集]

 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
先代:
金光侠
朝鮮人民軍総参謀長
1957年 - 1959年
次代:
金昌奉