李景遺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李 景遺(り けいい、生年不詳 - 537年)は、中国東魏軍人本貫趙郡柏人県李元忠の族叔にあたる。

経歴[編集]

若くして雄武にたけ、胆力があり、はみ出し者たちと結んで盗賊となり、郷里を荒らして苦しめていた。530年、兄の南鉅鹿郡太守李無為が横領の罪で御史の弾劾を受け、州の獄中に拘禁された。景遺は十数騎を率い、台使と偽って州城に入り、李無為を連れ去った。州軍が追討したが、捕らえることはできなかった。このことで任侠として知られた。531年高歓が信都で挙兵すると、景遺はその軍門に赴き、厚遇を受けた。李元忠とともに西山で挙兵して、刺史の爾朱羽生を捕らえた。功績により龍驤将軍に任ぜられ、昌平県公に封ぜられた。爾朱兆が攻撃してくると、景遺は奮戦して功績を挙げ、使持節・大都督・左将軍となった。532年、昌平郡公に進み、車騎将軍を加えられた。534年、潁州刺史として出向した。537年、前の潁川郡太守の元洪威に襲撃されて殺害された。侍中・都督殷滄二州諸軍事・大将軍・開府・殷州刺史の位を追贈された。子の李伽林が後を嗣いだ。

伝記資料[編集]