李忱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李忱
各種表記
クォック・グー Lý Thầm
漢字チュノム 李忱
北部発音: リ・タン
音読み り しん
テンプレートを表示

李 忱(り しん、リ・タン、ベトナム語: Lý Thầm / 李忱天資嘉瑞17年(1202年8月 - 没年不詳)は、李朝大越の皇族。

生涯[編集]

第7代皇帝の高宗の次男として生まれる[1]。李忱の誕生を機に、元号が天嘉宝祐と改められた。

治平龍応4年(1208年)に知乂安州軍事の范猷中国語版が反乱を起こすと、高宗は上品奉御の范秉中国語版に討伐を命じた[1][2]。しかし、翌治平龍応5年(1209年)に贈賄した[2]范猷の讒言を容れた高宗は范秉とその子の范輔を捕縛した[1]。これを聞いた范秉の部将の郭卜中国語版が兵を引き連れて宮中に乱入[3]し、李忱を皇帝に擁立した[1]。郭卜に擁立された李忱は、譚以蒙中国語版や阮正頼らに役職を授けた[1]。高宗は帰化江(現在のフート省)、皇太子の(李忱の兄)は海邑にそれぞれ逃亡した[1][2]

が逃亡先で妃とした[1]陳氏容中国語版の父兄にあたる陳李中国語版陳嗣慶によって郭卜の反乱は鎮圧され[1]、高宗と李は都の昇龍に戻った[2]が、李忱のその後は不明である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 大越史記全書』本紀巻之四 李紀 高宗皇帝
  2. ^ a b c d ベトナム史略』 第1巻 第3部 第5章 李氏
  3. ^ 桃木至朗、「ヴェトナム李朝の軍事行動と地方支配」 『東南アジア研究』 1986年 24巻 4号 p.403-417, doi:10.20495/tak.24.4_403, 京都大学東南アジア地域研究研究所