李家規宥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
李家規宥
時代 江戸時代
生誕 寛永14年(1637年
死没 正徳4年11月19日1714年12月25日
別名 仮名:勘兵衛
:拙庵慶林
主君 毛利綱広吉就吉広吉元
長州藩
氏族 李家氏
父母 父:李家如宥
在宥

李家 規宥(りのいえ のりひろ)は、江戸時代医師毛利氏の家臣で、長州藩士(寺社組)。父は同じく毛利氏に仕えた李家如宥

生涯[編集]

寛永14年(1637年)、長州藩士・李家如宥の子として生まれる。父が隠居する際に規宥は藩医となる事を断ったが、この時も未だに藩医が不足していたため、結局は剃髪して名を「慶林」と改め、藩医を務めることとなった。

以後、毛利綱広吉就吉広吉元の四代に仕え、正徳4年(1714年11月19日、死去。享年78。子の在宥(訥軒宗億、采女、慶甫)が後を継いだ。

参考文献[編集]