李元景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李 元景(り げんけい、生年不詳 - 653年)は、中国の高祖李淵の六男。荊王に立てられた。

経歴[編集]

李淵と莫嬪の間の子として生まれた。

620年、趙王に封ぜられた。625年、安州都督に任ぜられた。貞観初年、雍州牧・右驍衛大将軍に累進した。636年、荊王に徙封され、荊州都督となった。のちに鄜州刺史に転じた。永徽初年、司徒に位を進め、実封1500戸を受けた。

653年房遺愛の謀反事件に連座して子の李則とともに処刑された。のちに沈黎王に追封された。

伝記資料[編集]

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「荊王元景伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「荊王元景伝」