李俊 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李俊
中国語 李俊
漢語拼音 Lǐ Jùn
生誕 (1922-03-02) 1922年3月2日
中華民国の旗 中華民国山西省夏県(現・運城市
死没 (2013-01-07) 2013年1月7日(90歳没)
中華人民共和国の旗 中国北京市
職業 映画監督
李俊
職業: 映画監督
籍貫地 中華人民共和国の旗 中国 陝西省渭南市富平県
各種表記
繁体字 李俊
簡体字 李俊
拼音 Lǐ Jùn
和名表記: り しゅん
発音転記: リー・ジュン
テンプレートを表示

李 俊(り しゅん、拼音仮名転写:リー・チュン、1922年3月2日 - 2013年1月7日[1])は、中国山西省夏県(現・運城市)出身の映画監督[1]

経歴[編集]

1922年山西省夏県(現・運城市)に生まれる[1]1937年日中戦争が勃発した後、八路軍に参加[2]。翌年延安に赴き、抗日軍政大学で学ぶ[2]1939年中国共産党に入党し、文芸宣伝活動を行った[2]1951年中国人民解放軍八一電影製片廠中国語版が設立されるとニュース映画を撮影する[3]1958年、劇映画の第一作『回民支隊』を監督[3]1963年にはチベット動乱を題材とした『農奴』を監督する。この映画はプロパガンダ映画であるが、ヌーヴェルヴァーグの影響を受けた映像表現が見られる[4]文化大革命が始まると批判に遭い、1971年に白洋淀に下放されるが、1973年には呼び戻されて『閃閃的紅星』を監督する[5]。この映画は子供を主人公とした映画で、李の代表作とみなされている[1]1976年には、江青の主導で1965年に製作が開始されたものの、その後10年以上未完成のままだった映画『南海長城』の監督を引き継ぎ、完成させている。しかし、公開直後に江青が逮捕されたため、すぐに公開中止となった[6]。その後は大作戦争映画『大決戦』三部作などを監督[3]。『大決戦』で金鶏奨の作品賞と監督賞を受賞した[7]2013年北京の病院で死去[5]

フィルモグラフィー[編集]

  • 回民支隊 (1958年)
  • 友誼 (1959年)
  • 農奴』农奴 (1963年)
  • 分水嶺 (1964年)
  • 閃閃的紅星 (1974年)
  • 南海長城 (1976年)
  • 十月的勝利(1977年)
  • 帰心似箭 (1979年)
  • 許茂和他的女児們 (1981年)
  • 女教官的報告 (1988年)
  • 大决戦(第一部:遼沈戦役) (1991年)
  • 大决戦(第二部:淮海戦役) (1991年)
  • 大决戦(第三部:平津戦役) (1992年)
  • 秃探与俏妞 (1994年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 闪闪的红星》导演李俊病逝 三部代表作载入史册 人民网 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c 李俊 中央戏剧学院 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c 战士、诗人、导演——忆李俊导演和他的电影 中国文艺网 2018年7月9日閲覧。
  4. ^ 流産した,または歪んだヌーヴェル・ヴァーグ 応雄 北海道大学文学研究科紀要 2018年7月9日閲覧。
  5. ^ a b 【逝者】李俊 凤凰网 2018年7月9日閲覧。
  6. ^ 映画『南海長城』について 辻田智子 2018年7月9日閲覧。
  7. ^ 第12届中国电影金鸡奖 时光网 2018年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]