杉谷代水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉谷代水

杉谷 代水(すぎたに だいすい、1874年8月21日 - 1915年4月21日)は、日本の詩人劇作家翻訳家。本名は虎蔵。号の「代水」は鳥取市を流れる「千代川」に由来するという。アミーチスの「クオーレ」中の一篇を「母を尋ねて三千里」のタイトルで翻訳したり、文部省唱歌となる「星の界(ほしのよ)」[1]の歌詞などを書いた。

また長女の恵美子は選集の編集をしたり、佐々木恵美子の名前で脚本家として活躍した。

来歴[編集]

  • 1874(明治7)年 - 8月21日、鳥取県境港に生まれる。2歳のときに島根県松江、9歳のときに鳥取市に移り住む。
  • 1887(明治20)年 - 鳥取高等小学校を卒業後、鳥取県尋常中学校(現鳥取西高等学校)に入学。
  • 1892(明治25)年 - 尋常中学校を卒業し、鳥取高等小学校[2]の嘱託となる。
  • 1895(明治28)年 - 東京専門学校(現早稲田大学)文学部に入学、講師をしていた坪内逍遙に認められるも病気で中退する。
  • 1898(明治31)年 - 坪内逍遙の推薦で冨山房に入り、「国語読本[3]の編集に参加。一方で『早稲田文学』に新体詩「わかれの春」「海賊」「行雲歌」「夕しほ」などを発表し、文壇デビューを果たす。
  • 1902(明治35)年 - 『学童日誌』(春陽堂)刊行[4]
  • 1903(明治36)年 - 『沙翁物語』(富山房)刊行。
  • 1905(明治38)年 - 歌劇を創作、「熊野(ゆや)」「小督(おごう)」(明治38年)、「太田道灌」「胡蝶」「残夢」(明治39年)、「舌切雀」(明治40年)など。
  • 1907(明治40)年 - この年『早稲田文学』に書いた戯曲「大極殿」が文藝協会により上演される。
  • 1909(明治42)年 - 『希臘神話』(富山房)刊行[5]。この頃、同郷の作曲家である田村虎蔵の依頼により唱歌の作詞を始める。
  • 1910(明治43)年 - 唱歌「星の界(ほしのよ)」発表。他に「木枯」「古武士」「敵襲」「友情」「孝女」「漁火」など60余編を残す。
  • 1911(明治44)年 - 12月、粟田壽賀子と結婚。
  • 1912(明治45・大正1)年 - 『作文講話及文範』(芳賀矢一との共編、富山房)刊行。
  • 1913(大正2)年 - 長女・恵美子が生まれる。
  • 1915(大正4)年 - 4月21日死去。40歳没。死後『アラビヤンナイト』が刊行される[6]

著書[編集]

  • 『新曲太田道灌』東儀季治曲 修文館 1906
  • 『新曲残夢』前田久八曲 修文館 1906
  • 『新曲胡蝶』目賀田萬世吉曲 修文館 1906
  • 『功と罪』通俗教育会 1908
  • 『日吉丸』久遠堂(家庭歴史文庫) 1908
  • 『日本武尊』久遠堂(家庭歴史文庫) 1908
  • 『杉谷代水選集』杉谷恵美子編 富山房 1935[7]

共編[編集]

  • 『作文講話及文範』上・下巻 芳賀矢一共編 富山房 1912
    『作文講話及び文範』芳賀矢一共編 講談社学術文庫 1993
  • 『書簡文講話及文範』上・下巻 芳賀矢一共編 富山房 1913

翻訳・翻案[編集]

  • 『学童日誌』上・下巻 春陽堂 1902
    『学童日誌(クオレ)』 富山房百科文庫 1938
  • 『沙翁物語』シェークスピア 富山房 1903[8]
  • 『希臘神話』ヂェームス・ボールドヰン 杉谷代水(虎蔵)編訳 富山房 1909
    『ギリシャ神話[新版]』富山房企畫 2011
  • 『アラビヤンナイト』上・下巻 富山房(模範家庭文庫) 1915
    『大アラビヤンナイト』富山房 1927
    『アラビヤンナイト』1-3巻 富山房百科文庫 1938[9]
    『アラビアンナイト』上・下巻 佐々木恵美子訂補 富山房 1950

[編集]

  1. ^ チャールズ・コンヴァース作曲の讃美歌「What a friend we have in Jesus」に、原詩とは違う歌詞を付けたもので、文部省唱歌として広く歌われた。参考:「池田小百合 なっとく童謡・唱歌 明治の唱歌(文部省唱歌など)」、「星の界(原曲:たふときわが友・いつくしみ深き)
  2. ^ 高等小学校は後の国民学校高等科。現在の中学校。よって高等小学校は現在の前期中等教育に相当。
  3. ^ 尋常小学校、高等小学校用の国語教科書。冨山房では坪内逍遙監修のものが作られていた。
  4. ^ アミーチスの「クオーレ」を翻案したもの。そのうちの一篇、直訳すると「アペンニーノ山脈からアンデス山脈へ」となる話に「母を尋ねて三千里」という題名を付けたのが杉谷代水で、これはその後も継承されるようになった。参照:「児童図書研究室レファレンス集」 - 福島県立図書館
  5. ^ ジェームズ・ボールドウィン(James baldwin、1841-1925)の「Greek Myths」の翻訳に、杉谷代水による註釈と補説を加えたもの。参考:「ジェームス・ボールドウィン」 - 翻訳作品集成
  6. ^ 装丁・挿絵は岡本帰一、校訂補筆は楠山正雄による。
  7. ^ 『杉谷代水選集』 選集の目次を見ることができる。
  8. ^ 「マクベス」「あらし」「第十二夜」収録
  9. ^ 1「シンドバッドの七航海」、2「アラヂンとふしぎなランプ」、3「アリ・ババの話」

参考資料[編集]

外部リンク[編集]