杉若氏宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
杉若氏宗
時代 安土桃山時代江戸時代
別名 主殿頭、伝三郎
官位 越後守
田辺藩(紀伊)
父母 杉若無心
兄弟 女(丹羽長秀室 / 藤堂高吉母)、女(神保相茂室)、女(広橋総光室)

杉若 氏宗(すぎわか うじむね, 生没年不詳)は、安土桃山時代武将大名熊野水軍を率いた杉若無心(越後守)の嫡男。主殿頭。通称:伝三郎。姉妹に丹羽長秀室(藤堂高吉母)、神保相茂室、広橋総光室。

略歴[編集]

文禄年間(1592 - 1595)に家督を相続して、紀伊国田辺上野山城1万9000石を領する。父や同じ水軍堀内氏善らと文禄の役に従軍した。休戦期から慶長の役にかけて、加徳倭城桑山一晴貞晴と共に城番となった。

関ヶ原の戦いでは、父とともに西軍に属し、慶長5年(1600年)7月、大坂城玉造口を守備。9月には大津城の戦いに参加するが、本戦での敗報を聞き降伏。続いて徳川家康からの命により新宮城の攻撃に参加し、同城落城後も暫く駐屯し本領安堵の知らせを待つが、結局紀伊国は浅野幸長に与えられることになり、杉若氏は改易となった。氏宗はこれにより逐電し、以降の足跡は不明である。

参考文献[編集]

  • 藩主人名事典編纂委員会編 『三百藩藩主人名事典 第3巻』 新人物往来社、1987年ISBN 4404014023