杉精三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉 精三(すぎ せいぞう、明治4年8月12日[1]1871年9月26日) - 没年不詳)は、日本の逓信官僚内閣印刷局長錦鶏間祗候

経歴[編集]

現在の山口県防府市に蔵田恂一の長男として生まれ、母方の杉家を継いだ[2]1897年(明治30年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[2]。通信事務官青森郵便局長高松郵便局長広島郵便局長京都郵便局長、名古屋逓信管理局長、航路標識管理局長、西部逓信局長・大阪地方海員審判所長、逓信省経理局長、内閣印刷局長を歴任した[2]

1936年(昭和11年)に退官した後は、電信協会に入り、理事を経て、会計部長を務めた[2]

栄典[編集]

位階
勲章

脚注[編集]

  1. ^ 人事興信録 1918.
  2. ^ a b c d 大衆人事録 1943.
  3. ^ 『官報』第1863号「叙任及辞令」1933年3月18日。
  4. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。