杉田英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉田 英明(すぎた ひであき、1956年1月7日 - )は、日本中東地域文化研究者、比較文化学者

経歴[編集]

東京都新宿区生まれ。東京教育大学附属高等学校[要出典]1979年東京大学教養学部教養学科アジア分科卒業。1984年同大学大学院比較文学比較文化専攻博士課程中退。1981年よりカイロ大学に留学、1984年帰国、東大教養学部助手、91年専任講師、助教授、2001年東京大学総合文化研究科教授[1]1991年3月に学術博士(東京大学)を取得(博士論文タイトル「アラブ・ペルシア文学のなかのイスラム美術」)。

1993年に『事物の声 絵画の詩―アラブ・ペルシア文学とイスラム美術』でサントリー学芸賞受賞。1996年に『日本人の中東発見』で地中海学会ヘレンド賞1997年日本比較文学会賞受賞。2003年に『葡萄樹の見える回廊』で島田謹二学芸賞受賞。2015年に『アラビアン・ナイトと日本人』でアラブ首長国連邦シェイク・ザーイド・ブック・アワード英語版の他言語によるアラブ文化賞を受賞した[2]

芳賀徹の弟子[3]

著書[編集]

  • 『事物の声 絵画の詩』 平凡社, 1993  
  • 『日本人の中東発見』 <中東イスラム世界2>東京大学出版会, 1995
  • 『浴場から見たイスラーム文化』 〈世界史リブレット〉山川出版社, 1999 
  • 『葡萄樹の見える回廊 中東・地中海文化と東西交渉』 岩波書店, 2002 
  • 『アラビアン・ナイトと日本人』 岩波書店, 2012

編纂[編集]

  • 『東洋文庫 ふしぎの国 5 桃花源とユートピア』平凡社 1989
  • 『東洋文庫 ふしぎの国 6 東方の人西方の人』平凡社 1989
  • 『東洋文庫 ふしぎの国 11 動物誌と動物譚』平凡社 1989
  • 前嶋信次著作選』平凡社東洋文庫(全4巻) 2000-2001

翻訳[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『駒場2001』
  2. ^ 産経新聞
  3. ^ 諸君!』2004-03「イスラムが『ミカド』と『トーゴー』に目醒めた時」の山内昌之との対談より

外部リンク[編集]