杉田光良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉田 光良
すぎた みつよし
生年月日 1937年
出生地 茨城県、(現)常総市
没年月日 2008年6月14日
死没地 茨城県常総市

常総市長
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2008年6月14日
テンプレートを表示

杉田 光良(すぎた みつよし、1937年[1] - 2008年6月14日[2])は、日本政治家茨城県常総市市長(2007年 - 2008年)、水海道市議会議員(3期)、茨城県議会議員(1990年 - 2002年)。水海道市(現在の常総市)出身。

人物・来歴[編集]

1990年に茨城県議会議員選挙に水海道市選挙区より出馬し、当選。以後、2002年の同県議会議員選挙で落選するまで3期務める。2007年に現職の遠藤利の任期満了に伴う常総市長選挙に出馬し、現職の遠藤を破り当選する。しかし、同年6月より膵炎の治療を要し、翌2008年4月より自宅で療養することが多くなった。そのため同年5月20日より長行雄副市長が職務代理者となり、自身は治療に専念した。その後、5月26日に脳梗塞も発症したため、市内の病院に入院した。2008年6月14日午後9時42分、膵臓癌のため入院先の病院で現職のまま死去した[2]。71歳[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

先代:
遠藤利
常総市長
2007年 - 2008年
次代:
長谷川典子