杉沢村伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉沢村伝説(すぎさわむらでんせつ)は、青森県にあったとされるにまつわる都市伝説[1]

概要[編集]

伝説の内容[編集]

かつて青森県の山中に、杉沢村という村があった。昭和の初期「一人の村人が突然発狂し、村民全員を殺して自らも命を絶つ」という事件が起きた。誰もいなくなった村は、隣村に編入され廃村となり、地図や県の公式文書から消去された。しかし、その廃墟悪霊の棲み家となって現在も存在し、そこを訪れた者は二度と戻っては来られない。

場所としての特徴[編集]

諸説あるが、概ね次のようなものである。

  • 村へ向かう道路に「ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」と書かれた看板がある。
  • 村の入口に朽ちた鳥居があり、その根元にドクロのような石(もしくは岩)がある。
  • 奥へ進んでゆくと廃墟と化したかつての住居があり、その内部では事件の惨劇を物語る血痕のようなものが多数見受けられる。

この伝説はインターネット上で話題になり、さらに2000年8月24日放送のフジテレビバラエティ番組奇跡体験!アンビリバボー』の特番で取り上げられたことで全国的に広まった。同番組では数回にわたり「杉沢村」の特集を行ったが、最後まで村の正体が分からず「杉沢村は時空の歪みの中に存在し、現われたり消えたりする村である」と結論づけた。

備考[編集]

その他の「杉沢村」[編集]

  • 青森県内には、青森市内(旧浪岡町)、南部町(旧福地村)、三戸町などに「杉沢」という集落・地名があるが、この「杉沢村」とは無関係である。

風道(野性の証明)[編集]

  • 森村誠一の小説『野性の証明』に登場する「大量虐殺事件が起こった岩手県の『風道』という集落」のモチーフがこの伝説である、とする説もある。

メディア[編集]

  • この伝説が流行した時期に「現地への道筋を示すキーワード」とされるものが各種メディアで伝えられた。
  • 「杉沢村」を調査・捜索しようとする廃墟マニアやオカルトファン、または「肝試し」目的の者が現れ、各々の冒険譚がインターネットなどで公開された。

関連メディア[編集]

雑誌[編集]

  • ダークサイドJAPAN vol.1(2000年8月、太陽図書) - 杉沢村がマスメディアに初めて登場、取材執筆者はライターの赤木太陽[2]

テレビ[編集]

ビデオ[編集]

漫画[編集]

映画[編集]

  • 杉沢村都市伝説 劇場版(2014年6月28日、チャンス・イン) - 主演・伊藤寧々[注 1]

ゲームアプリ[編集]

  • 都市伝説 〜杉沢村からの脱出〜(2015年、SEEC

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『杉沢村都市伝説 劇場版』(すぎさわむらでんせつ げきじょうばん)は、監督:鳥居康剛、エグゼクティブプロデューサー:藤岡修・酒匂暢彦・大橋孝史、プロデューサー:高口聖世巨、キャスト:伊藤寧々・板倉臣郎・副島しんご・美紀乃[4]、製作:ハピネット、製作・配給:チャンスインの映画である[5]。主人公の澤本裕子(伊藤寧々)は友人3人とインターネットで話題になっていた地図から消えた村「杉沢村」を旅し、その動画をインターネットで公開したが、後に友人のひとりが失踪してしまい、真相を突き止めるべく杉沢村を再び目指す[6]

出典[編集]

  1. ^ 松山ひろし 『3本足のリカちゃん人形―真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2003年、179-181頁。
  2. ^ 『ダークサイドJAPAN』vol.1、大洋図書〈ミリオンムック〉、2000年8月ISBN 978-4-8130-0352-6
  3. ^ 『怨霊・日本列島』 宙出版〈ミッシィコミックス〉、2005年8月ISBN 978-4-7767-1721-8
  4. ^ 杉沢村都市伝説 劇場版”. 映画.com. eiga.com. 2014年6月25日閲覧。
  5. ^ 映画『杉沢村伝説 劇場版』”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2014年3月20日). 2014年3月20日閲覧。
  6. ^ 「乃木坂46」伊藤寧々、美紀乃の「めんこい」告白に照れ! 共演者から女優資質を絶賛され「伸びしろある」”. News Lounge. バイルメディアプロダクション (2014年6月29日). 2014年6月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 鳥居康剛 『杉沢村都市伝説 劇場版』 Happinet、2014年8月2日ASIN B00IRO4P5C

関連項目[編集]

外部リンク[編集]