杉森務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉森 務(すぎもり つとむ、1955年10月21日 - )は、日本の元実業家[1]

人物・経歴[編集]

石川県七尾市生まれ。金沢市出身[2]。父親は石川県警警察官[2][3]石川県立金沢泉丘高等学校卒業(26期卒)[3][4]。1979年一橋大学商学部卒業。大学では準硬式野球部に所属。また、大学1年次には社交舞踏研究会で大会に出場し、クイックステップ部門7位に入賞した[2]

エネルギー関係のゼミで学んでいたことなどから、大学卒業後は日本石油(現ENEOS)に入社。根岸製油所勤労課や本社人事課で人事を計10年間経験した[2]。1985年度日本生産性本部経営アカデミー人事労務コース修了[5]

その後販売部門に移り[2]、1999年から三菱石油と統合後の日石三菱で販売部販売総括グループマネージャーを務め、ゴルフ釣り麻雀などを通じて新たに加わった特約店との関係を築いた。2002年新日本石油関東第1支店副支店長。2006年中部支店長[6][2]。2008年執行役員中部支店長。2010年JX-ENEOS野球部長、JX日鉱日石エネルギー取締役常務執行役員小売販売本部長。2013年同総合企画部・経理部・情報システム部管掌[7]

2014年からJX日鉱日石エネルギー代表取締役社長[8]、2016年からJXエネルギー代表取締役社長[9][10]、2017年からJXTGエネルギー代表取締役社長と歴任し、統合を進めるとともに[11]、慣行を破り安売り競争からの脱却を図った[6]。 2018年JXTGホールディングス代表取締役社長、日本経団連副会長[12]石油連盟副会長[13]。2020年ENEOSホールディングス代表取締役会長及び[14]石油連盟会長に就任[15]。しかし一身上の都合から、2022年8月12日付でENEOSHDとENEOSさらに経団連や石連などの要職を辞任[16]

この一身上の都合については、2022年の7月1日の夜、沖縄の得意先である石油販売会社の幹部らとともに利用した、沖縄県那覇市の中心部にある歓楽街・松山の高級クラブでの事件が原因であると2022年9月に報道され、ENEOSホールディングスも公式にそれを認めた。[17] 女性ホステスのドレスの中に手を入れて、下着をまさぐるように手を入れて胸をもみ、彼女の肩に手を回し、その腕で強引に首を絞めるような格好で唇を奪うなどの不適切な行為が2時間近くも続いた。さらに彼女のドレスを強引に脱がし、上半身を素っ裸の状態にして強い腕力で無理やり迫り、それを拒もうと何度も抵抗するうちに、肋骨が骨折し、首がむち打ちのような状態となった。その結果、被害女性はPTSDのような症状に悩まされている。[18]

脚注[編集]

  1. ^ 石連会長、ガソリン補助金「発動すれば全額還元」”. 産経ニュース (2021年12月16日). 2021年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 春光懇話会会報No.153
  3. ^ a b 石油連盟会長・ENEOSホールディングス代表取締役会長 杉森 務氏-加能人”. kanoujin.jp. 2022年9月21日閲覧。
  4. ^ HERMES-IR : Special Collections” (日本語). hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp. 2022年9月21日閲覧。
  5. ^ [1]日本生産性本部
  6. ^ a b 日本経済新聞2018年4月25日 12ページ
  7. ^ 「参考資料1」JXTG
  8. ^ 「JX日鉱日石エネ社長に杉森氏 一色社長は顧問に」日本経済新聞2014/4/21
  9. ^ 「【2017成長への展望】JXエネルギー社長・杉森務さん(61) (2/2ページ)」sankeibiz2017.1.25
  10. ^ 「野球部長メッセージ」
  11. ^ 「【2017成長への展望】JXエネルギー社長・杉森務さん(61) (1/2ページ)」2017.1.25 05:00
  12. ^ 「経団連副会長、JR東・冨田氏ら4氏起用」日本経済新聞2018/2/13
  13. ^ 石油連盟 新会長に月岡氏 「選ばれる石油産業目指す」燃料油脂新聞
  14. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月20日). “JXTG社長に大田氏 杉森氏は会長に就任” (日本語). SankeiBiz. 2020年5月20日閲覧。
  15. ^ 「JXTGHD、社長に大田氏 杉森氏は会長に」日本経済新聞2020/5/15 21:16
  16. ^ “石油元売り最大手エネオスHD杉森務会長が辞任 「一身上の都合」”. 朝日新聞. (2022年8月12日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ8D4Q3SQ8DULFA00T.html 2022年8月12日閲覧。 
  17. ^ 当社元会長に関する一部報道について”. 2022年9月23日閲覧。
  18. ^ ENEOS会長、電撃辞任の理由は”壮絶”性加害だった 「胸を触り、キスを強要」被害女性は骨折”. 株式会社 新潮社「デイリー新潮」. 2022年9月21日閲覧。
先代
内田幸雄
JXTGホールディングス(のちのENEOSホールディングス)社長
2018年 - 2020年
次代
大田勝幸
先代
内田幸雄
ENEOSホールディングス(旧JXTGホールディングス)会長
2020年 - 2022年
次代
大田勝幸
先代
月岡隆
石油連盟会長
2020年 - 2022年
次代
木藤俊一