杉村文一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

杉村 文一(すぎむら ぶんいち/ふみかず?、文久元年(1861年) - 明治11年(1878年7月27日)は明治時代初期の石川県士族。兄には忠告社社長の杉村寛正明治法律学校の創立にも関わった杉村虎一などがいる。

明治10年(1877年)の西南戦争勃発に際し、島田一郎ら5名と大久保利通暗殺計画の盟約を結ぶ。翌明治11年(1878年)5月14日、大久保襲撃に最年少メンバーとして参加し、東京・紀尾井坂にて大久保を暗殺する(紀尾井坂の変)。

事件後すぐさま宮内省に自首し、同年7月27日午前10時頃に死刑を宣告されると同日午前11時半に市ヶ谷監獄にて他の5人と共に斬罪に処せられた。享年18。明治22年(1889年)に大赦された。墓は谷中霊園にある。

彼らを裁いた判事・玉乃世履によると、主犯の島田一郎以外はこの暗殺の趣意を知らず、ただ島田に「この人を除く事が御国のため」と洗脳されて犯行に及ぶに至ったと思われるという(東京日日新聞・明治11年6月1日)。