杉本康雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉本 康雄(すぎもと やすお、1947年(昭和22年)2月27日 - )は、日本の銀行家。みちのく銀行取締役会長取締役会議長

来歴・人物[編集]

青森県三沢市生まれ。旧・弘前相互銀行出身で、みちのく銀行常務まで昇格するも、当時の大道寺小三郎会長との間で、新システム移行の件で確執が生じ、取締役支店長に放逐された。

その後、みちのくユーシーカード(現・みちのくカード)の社長に転じたが、2005年(平成17年)の不祥事の頻発と業務改善命令の発動に伴い、ほぼ役員全員の辞職という事態になり、役員派遣を要請されたみずほFG側の懇請により、頭取として復帰した[1]

頭取在任時は、不祥事が相次いだ同行の再生と信頼回復に努めてきたが、営業力強化に向けた業務改革などの道筋がついたことから 2013年(平成25年)6月、代表取締役会長に退いた[2]

2016年6月、代表権を返上し、取締役会長取締役会議長に就任。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 47NEWS みちのく銀頭取に杉本氏 元常務で関連会社長を起用 『共同通信』2005年05月29日
  2. ^ みちのく銀、新頭取に高田氏 杉本頭取「信頼回復にメド」 『日本経済新聞』2013年3月25日
  3. ^ a b c 株式会社みちのく銀行 有価証券報告書 ‐ 第39期