杉本八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
杉本 八郎
生誕 1942年????
国籍 日本の旗 日本
研究分野 薬学脳科学
研究機関 同志社大学 脳科学研究科
出身校 中央大学
主な業績
主な受賞歴
  • エーザイ科学賞
  • 日本薬学会技術賞
  • 英国ガリアン賞特別賞
  • 化学・バイオつくば賞
  • 恩賜発明賞
  • プロジェクト:人物伝

    杉本 八郎(すぎもと はちろう、1942年 - )は、日本薬学者脳科学者同志社大学教授、京都大学客員教授。製薬会社エーザイで、アルツハイマー型認知症の進行抑制剤「アリセプト」の研究開発に取り組んだ。

    履歴[編集]

    1942年東京都生まれ。

    学歴[編集]

    職歴[編集]

    研究歴[編集]

    受賞歴[編集]

    論説[編集]

    • 杉本, 八郎 (1996年7月25日). 新規アセチルコリンエステラーゼ阻害薬、1-benzyl-4-[(5,6-dimethoxy-1-indanon-2-yl)methyl]piperidine hydrochloride (donepezil hydrochloride, E2020) 及び関連化合物の合成と構造活性相関に関する研究. 広島大学. doi:10.11501/3131444. NAID 500000152320. 学位授与番号:乙第2876号. 

    出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 『Hakumonちゅうおう』2005冬季号
    2. ^ この人と話そう・杉本八郎さん(京都新聞社会福祉事業団ホームページ)
    3. ^ 同志社大学研究者データベース
    4. ^ 杉本教授の略歴(バイオクルーズ株式会社ホームページ)
    5. ^ 全国発明表彰平成14年受賞者一覧

    外部リンク[編集]