杉本一文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉本 一文(すぎもと いちぶん、男性、1947年昭和22年)3月31日 - )は日本イラストレーター銅版画家。福井県出身。

経歴[編集]

高校卒業後、浪人生活を経て専門学校「東京デザインカレッジ」に入学。卒業後同校のデザイン科で助手として勤務したが半年後グラフィックデザイン事務所に移り3年の勤務を経て、フリーのイラストレーターとして独立。主に、角川文庫横溝正史作品シリーズの表紙を担当していたことで知られる。書籍を中心にイラストレーターとして活躍、50歳から銅版画家として活動を開始。海外でも高い評価を得る。作品の描写力は秀逸にして驚異的であり、特に光と影を操る画面構成に優れている。版画作品は現代のデューラーレンブラントとも言われでいる。作風をカラヴァッジオにたとえる人も多い。

主な受賞歴[編集]

作品[編集]

イラスト

  • 金田一耕助シリーズ(角川書店)

画集

  • 翼類伝説―杉本一文銅版画集 (岩崎電子出版、単行本 - 2002/11)

関連項目[編集]