杉戸清樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉戸 清樹 (すぎと せいじゅ、1949年6月8日[1] - )は、日本言語学者日本語学者愛知県名古屋市出身。専門分野は社会言語学、言語行動論。元・独立行政法人国立国語研究所長。他に、日本語教育学会会長、文化審議会国語分科会会長,NHK放送用語委員会委員などを務めた。

 国立国語研究所では、企業や学校の中の敬語の実態調査[2]、愛知県岡崎市・山形県鶴岡市・北海道富良野市などでの定点・経年方式の臨地言語調査[3]、日本・ドイツの言語行動様式の対照研究調査[4],韓国・ベトナム・ブラジルなどに住む日本人の言語行動意識調査[5]など,社会言語学的な調査研究に参画するとともに、言語行動論の立場からメタ言語行動表現[6](言語行動についての言語表現)に注目して対人的な配慮表現[7]や文章構造[8]の研究などを行った。

 国語審議会では「現代社会における敬意表現」(2000年)、また、後身の文化審議会国語分科会(2001年以降)では「敬語の指針」(2007年)、「改訂常用漢字表」(2010年)、「『生活者としての外国人』に対する日本語教育の標準的なカリキュラム案について」(2010年)[9]などの審議・答申に参画した。

 この他、国立国語研究所の『分かりやすく伝える外来語言い換え手引き』(2006年)[10]、『病院のことばを分かりやすく-工夫の提案』(2009年)[11]日本弁護士連合会の『やさしく読み解く裁判員のための法廷用語ハンドブック』(2008年)[12]、さらに佐藤和之(弘前大学教授)の主導する「災害時の外国人への緊急情報伝達のための『やさしい日本語』」に関する研究活動[13]にも参画した。

経歴[14][編集]

本務歴[編集]

  • 2009年10月1日 ~ 現在 独立行政法人国立国語研究所 名誉所員
  • 2009年9月30日 独立行政法人国立国語研究所長 退任
  • 2005年4月 - 2009年9月 独立行政法人国立国語研究所 所長
  • 2001年 - 2005年 独立行政法人国立国語研究所 日本語教育部門長
  • 1998年 - 2001年 国立国語研究所 言語行動研究部長
  • 1985年 - 1998年 国立国語研究所 言語行動研究部 第1研究室長
  • 1984年 - 1985年 国立国語研究所 言語行動研究部 主任研究官
  • 1975年 - 1984年 国立国語研究所 言語行動研究部 第1研究室 研究員
  • 1975年4月  国立国語研究所研究員(文部教官研究職)に採用

学歴[編集]

  • 1975年 名古屋大学大学院文学研究科 言語学専攻 修士課程修了(文学修士)
  • 1973年 名古屋大学大学院文学研究科 言語学専攻 入学
  • 1969年 名古屋大学文学部 入学
  • 1968年 東海高等学校 卒業

教育歴[編集]

・2012年 - 2015年 名古屋外国語大学 非常勤講師(集中講義)

・2001年 - 2008年 政策研究大学院大学 連携教授

・2000年 筑波大学大学院 非常勤講師(集中講義)

・1999年 早稲田大学大学院 非常勤講師

・1998年 大阪大学大学院 非常勤講師(集中講義)

・1992年 - 1996年 東京都立大学人文学部 非常勤講師

・1991年 - 1996年 津田塾大学学芸学部 非常勤講師

・1991年 名古屋大学文学部 非常勤講師(集中講義)

・1990年 北京日本学研究中心 客員教授

・1988年 東京大学文学部 非常勤講師

委員等履歴[編集]

【国立国語研究所の本務の中で】[編集]

・2007年 - 2009年 国立国語研究所「病院の言葉」委員会  委員長

・2005年 - 2006年 国立国語研究所「外来語」委員会  委員長

【学会】[編集]

・1997年 - 現在 日本語学会(旧・国語学会)  評議員

・2012年 - 2018年 日本語学会  理事

・1988年 - 1992年 国語学会  委員(学会誌編集・大会運営兼務)

 ------------------------------------------------

・2006年 - 2007年 日本語教育学会  会長

・2003年 - 2005年 日本語教育学会  副会長

・2001年 - 2007年 日本語教育学会  常任理事

--------------------------------------------------

・2011年 - 2015年 社会言語科学会  監事

・2006年 - 2011年 社会言語科学会  理事

・1998年 - 2003年 社会言語科学会  理事

・1998年 - 2001年 社会言語科学会  理事,事業委員長

--------------------------------------------------

・2002年 - 2008年 日本方言研究会  世話人

・1994年 - 2009年 日本言語学会  委員

・1995年 - 1998年 日本音声学会  国際交流委員

・1983年 - 1994年 日本行動計量学会  運営委員

【国語審議会・文化審議会国語分科会】[編集]

・2007年 - 2015年 文化審議会 国語分科会 日本語教育小委員会  副主査

・2014年 - 2015年 文化審議会  臨時委員(国語分科会)

・2012年 - 2014年 文化審議会 国語分科会  会長

・2012年 - 2014年 文化審議会  委員

・2007年 - 2012年 文化審議会 臨時委員(国語分科会)

・2005年 - 2007年 文化審議会  臨時委員(国語分科会 敬語小委員会主査)

・1999年 - 2000年 国語審議会  専門調査員

【文部科学省・文化庁】[編集]

・2009年 - 2012年 日本語教員の養成・研修に関する調査研究協力者会議  委員(座長)

・2009年 - 2011年 常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議  委員

・2004年 - 2010年 学習指導要領の改善に関する調査研究協力者会議  高等学校国語部会 委員

・2004年 - 2009年 中央教育審議会 初等中等教育分科会  教育課程部会 専門委員

・2000年 - 2001年 日本語教育のための試験の改善に関する調査研究協力者会議  委員

・1997年 - 1999年 学習指導要領の改善に関する調査研究協力者会議  委員(高等学校国語「国語表現」分科会主査)

【大学・法人・団体】[編集]

・2002年 - 2009年 日本放送協会(NHK)放送用語委員会 委員

----------------------------------------------------------

・2014年 - 2015年 大阪大学大学院言語文化研究科  外部評価委員会 学外委員

・2003年 - 2005年 大学評価・学位授与機構  大学評価委員会 研究評価員

・2006年 - 2009年 博報賞 審査委員会  委員長 / 国語・日本語教育部門 審査委員

・2004年 - 2005年 日本弁護士連合会裁判員制度実施本部 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム  外部学識委員

----------------------------------------------------------

・2012年 - 2014年 日本学術振興会  特別研究員等審査会 専門委員

・2012年 - 2014年 日本学術振興会  国際事業委員会 書面審査委員

・2004年 - 2005年 日本学術振興会 科学研究費委員会  専門委員

・1997年 - 2002年 日本学術振興会 科学研究費分科会  専門委員

 ---------------------------------------------------------

・2006年 - 2009年 日本語教育振興協会  理事

・2005年 - 2009年 国際教育支援協会  理事

・2006年 - 2012年 国際日本語普及協会  評議員

・2005年 - 2011年 日本語能力試験実施委員会  委員

・2004年 - 2009年 国際教育支援協会 日本語教育能力検定試験  試験小委員会(主査)

・2001年 - 2017年 国際教育支援協会 日本語教育能力検定試験 実施委員会 委員

・2007年 - 2009年 日本漢字能力検定協会  評議員

・2005年 - 2009年 言語資源協会  理事

・1999年 - 2000年 武蔵野市弓道連盟  理事

受賞歴[編集]

・2018年9月  文化庁創立50周年記念表彰[15]

・2017年5月  日本語教育学会 功労賞[16]

・2015年12月  文化庁長官表彰[17]

編著書(共編著含む)[18][編集]

  • 『社会言語科学の源流を追う』(共編)横山詔一,杉戸清樹,佐藤和之,米田正人,前田忠彦,阿部貴人 ひつじ書房 2018年9月
  • 『日本語大事典』(共編 編集代表:佐藤武義・前田富祺。杉戸は編集委員の一人で12項目を執筆) 朝倉書店  2014年11月  
  • 『敬語と敬語意識-愛知県岡崎市における第三次調査』(科研費研究報告4分冊の第1分冊「経年調査実施資料」杉戸清樹・尾崎喜光 国立国語研究所  2010年3月  
  • 『病院の言葉を分かりやすく:工夫の提案』国立国語研究所「病院の言葉」委員会(委員長として企画・編集に参画)勁草書房  2009年3月
  • 『分かりやすく伝える外来語言い換え手引き』国立国語研究所「外来語」委員会(委員長として企画・編集に参画) ぎょうせい 2006年6月
  • 『言語行動における「配慮」の諸相』(分担執筆)国立国語研究所 くろしお出版  2006年3月
  • 『日本語教育の新たな文脈―学習環境,接触場面,コミュニケーションの多様性―』(部分執筆)国立国語研究所 アルク  2006年3月
  • 『日本人の言語行動』(分担執筆)水谷信子・杉戸清樹 アルク  2002年2月
  • 『学校の中の敬語』(部分的な共同執筆:尾崎喜光・杉戸清樹)国立国語研究所 三省堂  2000年3月
  • 『日本語表現』(のち2003年に『テキスト日本語表現』と改称増補)共編著:中村明(代表)・杉戸清樹・半澤幹一 明治書院  1999年12月
  • 『日常談話の生成・受容における<構え>の言語行動論的研究』杉戸清樹・吉岡泰夫 科研費研究報告(代表:杉戸清樹)  1999年3月
  • 『文章・談話のしくみ』(共編著)佐久間まゆみ・半澤幹一・杉戸清樹 おうふう  1997年11月
  • 『北海道における共通語化と言語生活の実態調査(中間報告)』科研費研究報告 代表者:江川清 国立国語研究所  1997年3月
  • 『ディリーコンサイス漢字辞典』(共編) 佐竹秀雄・桜井隆・杉戸清樹 三省堂  1995年7月
  • 『外国人ビジネス関係者のための日本語教育Q&A 』(分担執筆) 文化庁文化部国語課 1994年8月
  • 『現代語』(高校国語科用検定教科書)編修委員:野元菊雄・杉戸清樹・高野光男・増田修・町田守弘・三省堂。三省堂刊 1994年3月 
  • 『社会言語学』(共編著)真田信治・渋谷勝己・陣内正敬・杉戸清樹 桜楓社(改称後:おうふう)  1992年11月
  • 『日本語の文章・談話』(共編著)寺村秀夫・佐久間まゆみ・半澤幹一・杉戸清樹 桜楓社  1990年2月
  • 『談話行動の諸相-座談資料の分析』(分担執筆)国立国語研究所 三省堂  1987年3月
  • 『社会変化と敬語行動の標準』(分担執筆) 国立国語研究所 秀英出版  1986年3月
  • 『言語行動における日独比較』(分担執筆) 国立国語研究所 三省堂  1984年3月
  • 『企業の中の敬語』(分担執筆) 国立国語研究所 三省堂  1982年3月  

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新訂増補人物レファレンス事典 昭和(戦後)・平成編Ⅱ』 p.1504 ,『現代日本人名録2002 第2巻』p.1805(ともに日外アソシエーツ編). 
  2. ^ 『企業の中の敬語』(国立国語研究所1982年 三省堂刊)『学校の中の敬語』(国立国語研究所 2002-03年 三省堂刊). 
  3. ^ 『敬語と敬語意識-愛知県岡崎市における第三次調査』(国立国語研究所 2009年 科研費報告)、 『北海道における共通語化と言語生活の実態調査(中間報告)』(国立国語研究所1997年 科研費報告). 
  4. ^ 『言語行動における日独比較』(国立国語研究所 1984年 三省堂刊). 
  5. ^ 言語事象を中心とした我が国をとりまく文化摩擦の研究「ビデオ刺激による言語行動意識調査報告書 資料編」. 新プロ「日本語」第2班国立国語研究所チーム(代表:西原鈴子)発行. (1999年3月). 
  6. ^ メタ言語行動の視野-言語行動の「構え」を探る視点(杉戸清樹) 日本語学 15巻11号pp. 19-27 明治書院 など. (1996年10月). 
  7. ^ 待遇表現としての言語行動-「注釈」という視点(杉戸清樹)日本語学 第2巻7号 pp.32-42 明治書院 など. (1983年7月). 
  8. ^ 言語行動を説明する言語表現-公的あいさつの場合(杉戸清樹・塚田実知代)国立国語研究所研究報告集 14 pp.31-79 など. (1993年3月). 
  9. ^ それぞれの答申・報告書を参照. 文化庁. 
  10. ^ 国立国語研究所「外来語」委員会編. ぎょうせい. (2006年6月). 
  11. ^ 国立国語研究所「病院の言葉」委員会編. 勁草書房. (2009年3月). 
  12. ^ 日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部 法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム 編. 三省堂. (2008年5月). 
  13. ^ 弘前大学社会言語学研究室ホームページ”. 弘前大学佐藤和之研究室. 2019年3月18日閲覧。
  14. ^ Researchmap 杉戸清樹”. 2019.03.15.閲覧。
  15. ^ 文化庁創立50周年記念表彰名簿. 文化庁. (2018/9/30). 
  16. ^ 2016年度日本語教育学会 各賞受賞コメント”. 公益社団法人日本語教育学会. 2019年3月16日閲覧。
  17. ^ 平成27年度文化庁長官表彰名簿. 文化庁. (2015/12/11). 
  18. ^ Researchmap 杉戸清樹”. 2019年3月15日閲覧。