杉山宣嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すぎやま のぶつぐ
杉山 宣嗣
生誕9月24日
日本の旗 日本岐阜県岐阜市
出身校日本大学芸術学部写真学科
職業写真家

杉山 宣嗣(すぎやま のぶつぐ)は、日本写真家岐阜県岐阜市出身。岐阜市立木之本小学校(現在の徹明さくら小学校)、岐阜市立本荘中学校岐阜県立加納高等学校日本大学芸術学部写真学科卒業。

経歴[編集]

  • 日本大学芸術学部写真学科に入学。大学3年の時に集英社主催の写真大賞を受賞したことをきっかけにフリー・カメラマンとして「週刊プレイボーイ」「月刊プレイボーイ」「ヤングジャンプ」等のグラビア系の仕事を始める。
  • 日本大学芸術学部の卒業制作が新聞に掲載され、その後シュルレアリスムの写真家としても活動。世界的に有名な写真雑誌のZOOM(フランス版/日本版)、PHOTO(日本版)等にも紹介される。
  • グラビア系の仕事からファッション、広告の仕事に方向転換。NIKONより自身の撮影日記風の文庫本を出版。沢口靖子を起用したNIKONのキャンペーン広告に抜擢される。
  • 初の個展「SPIRITUAL MOMENT」1986年開催直後、オーストラリアシドニーに仕事の場を移し、豪日両国の仕事に従事。オーストラリア政府観光局のキャンペーン広告なども担当し、約5年滞在の後、帰国。
  • 1993年より1997年の間に、立て続けにPARCO髙島屋等で個展を開催、写真集出版。
  • 1996年より「中山秀征の写せっ!」(フジテレビ系列)などのTV番組にレギュラー出演。
  • 1997年 日本コロムビアよりCD-ROM写真集「LOVERS」発売を期に、デジタルフォト、ホームページを始める。
  • 2003年 メガピクセル・ケータイがCASIOより発売されたのを期に、『世界初・ケータイで撮った写真集「Mie☆Days」光文社JJ刊』を出版。
  • 2011年 iPad/iPhoneアプリケーション「COSPLAY SHOWCASE」をリリース。マンガ、アニメ、ゲームの人気2次元キャラクターになりきり「2.5次元の世界」に生きるコスプレイヤー達を撮影し、キャラクターをクルクルと回転させて鑑賞できるインタラクティブなコスプレ写真集。「コスプレ文化」を日本から世界に発信する。Android版、書籍版写真集なども発売され、写真展は海外でも開催されている。Yahoo!クリエイティブアワード、アプリ部門ノミネート作品。[1][2]
  • 2012年 Amazon kindleにて電子写真集を多数リリース。[3]
  • 2013年 Amazon kindleにて「Kindleで写真集を出そう!」「Kindleで作品集を出そう!」などの電子写真集出版の為の解説本をリリースし、メディアからの取材が殺到した。IT企業、大学、専門学校などでの講演も多数実施。
  • 2016年 パプアニューギニア政府観光局の仕事に従事し、パプアニューギニアの部族の撮影をする。『部族の肖像 TRIBE@PAPUA NEW GUINEA』 写真展を開催。[4][5]
  • 織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年である2017年、生まれ故郷岐阜の名所旧跡を撮影した作品をWeb、Wikipediaでロイヤリティフリー(無料)公開。 Creative Commons BY-SA 4.0 『岐阜 故郷巡礼[6]
  • 地域共創を目的としたプロジェクトを開始。岐阜の素晴らしさをSNSを使って拡めよう。Instagramfacebook上で展開する、誰もが参加、投稿できる参加型プロジェクト。『岐阜 GifuPhoto[7]
  • 主にデジタルフォトの分野など画像処理をともなう仕事に従事。WEBプログラムやSEOに精通しており、電子書籍、ブログ、SNSなどを駆使したブランディング、プロモーション、PRの独自メソッドを伝えるコンサルティングを実施している。テレビ・雑誌等でコメンテーターもつとめ、専門学校特別講師、講演会、撮影会講師、写真審査員などもこなす。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)会員。

写真集[編集]

  • 他にタレント写真集多数。

写真展[編集]

  • 「SPIRITUAL MOMENT」コダックフォトサロン(東京・大阪)1986年
  • 「SPIRITUAL MOMENT」ROYLSTON GALLERY(シドニー)1988年
  • 「CLI-MAX IN BLACK & WHITE」コダックフォトサロン(東京)1993年
  • 「NOBUTSUGU SUGIYAMA EXHIBITION」ハナエモリギャラリー(東京)1993年
  • 「CUPID NOTE」渋谷PARCO 1994年
  • 「KISS-JAPANESE COUPLES」柏髙島屋 1995年
  • 「BOY+1」池袋PARCO 1995年
  • 「LOVERS」代官山アートラッシュ 1996年
  • 「KISS-JAPANESE COUPLES」堺髙島屋 1996年
  • COSPLAY SHOWCASEpixiv Zingaro 2012年[8]
  • COSPLAY SHOWCASE」+SANOW LABs. 2012年
  • 「COSPLAY SHOWCASE」Japan Expo in Sydney 2012年
  • COSPLAY SHOWCASE」littleMOCA in Taiwan 2013年[9]
  • 部族の肖像 TRIBE@PAPUA NEW GUINEAキヤノンギャラリー(銀座・札幌・名古屋)2016年[10]
  • 「DAEGU PHOTO BIENNALE 2016」出展 メインイメージ(韓国大邱)2016年

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 特集/期待されるフォトグラファー「コマーシャルフォト」1985年2月号 玄光社 P40~P41
  • 特集/杉山宣嗣「コマーシャルフォト」1987年9月号 玄光社 P51~P58、P64~P67
  • NIKON 「Nice Shot EVOLUTION」 1992年 ニコン刊 P2~P17
  • 「Nobutsugu Sugiyama Blog」2000年7月3日
  • 「日本紳士録」2007年4月 交詢社
  • CANON「CPS NEWS」Vol.22 2006年1月 キヤノンマーケティングジャパン刊 表紙〜P4
  • APA NEWS「瞬」No.104 2007年11月 社)日本広告写真家協会刊 P6~P7
  • 世界中のオタクがつながる「LIBERTINES」2010年No.4  太田出版 P32~P33 
  • 特集/アプリ「コマーシャルフォト」2011年10月号 玄光社 表紙 P20~P23
  • NUDE SHOWCASE「アサヒカメラ」2012年12月 朝日新聞出版 P37~P42
  • ゼロ年代のファッション写真史「SHUTTER magazine」2012年12月 サンクチュアリ・パブリッシング P18~P22
  • カメラマン最前線「月刊カメラマン」 2016年 4月号 モーターマガジン社 P168~P174
  • 部族の肖像「日本カメラ」 2016年 5月号 日本カメラ社 P17~P24

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ COSPLAY SHOWCASE « コマーシャル・フォト | 玄光社”. 2021年1月22日閲覧。
  2. ^ 「COSPLAY SHOWCASE」杉山宣嗣写真展 | イベント・スクール・公募展 | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO”. shuffle.genkosha.com. 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ 杉山 宣嗣” (日本語). www.amazon.co.jp. 2021年1月22日閲覧。
  4. ^ sugiyama-tribe” (日本語). canon.jp. 2021年1月22日閲覧。
  5. ^ 杉山宣嗣写真展 部族の肖像” (日本語) (2016年1月23日). 2021年1月22日閲覧。
  6. ^ 岐阜 故郷巡礼 GifuPhoto by Nobutsugu Sugiyama” (日本語) (2016年10月25日). 2021年1月22日閲覧。
  7. ^ 岐阜フォト gifuphoto | 岐阜の素晴らしさをSNSを使って拡めよう!!” (日本語) (2016年1月23日). 2021年1月22日閲覧。
  8. ^ 「COSPLAY SHOWCASE 杉山宣嗣写真展」開催レポート | pixiv Zingaro”. pixiv-zingaro. 2021年1月22日閲覧。
  9. ^ COSPLAY透明秀x杉山宣嗣攝影個展”. www.littlemoca.com. 2021年1月22日閲覧。
  10. ^ sugiyama-tribe” (日本語). canon.jp. 2021年1月22日閲覧。