杉原誠四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すぎはら せいしろう
杉原 誠四郎
生誕 (1941-07-29) 1941年7月29日(77歳)
日本の旗 日本 広島県
出身校 東京大学 大学院
職業 教育学者、歴史学者

杉原 誠四郎(すぎはら せいしろう、1941年7月29日 - )は、日本教育学者・外交史研究家・評論家新しい歴史教科書をつくる会前会長。

経歴[編集]

広島県出身。1965年東京大学教育学部卒、1967年同大学院教育学研究科修士課程修了。城西大学助教授、教授、武蔵野女子大学教授、校名変更で武蔵野大学教授、帝京平成大学教授。2011年9月から2015年10月まで新しい歴史教科書をつくる会の会長を務めた。現在は顧問。

研究・主張[編集]

専門分野は教育基本法の研究。教育勅語の内容には教育基本法と対立するものはないと主張した[1]

また、法律家は宗教に疎く、宗教家は法律に疎いという現状から、現行憲法が掲げる政治と宗教の分離について曲解がまかり通っていると主張している〔出典は、日本の神道・仏教と政教分離―そして宗教教育(文化書房博文社、2001年)217-275頁交史研究では、満洲事変日華事変太平洋戦争に関わる外務省と外務官僚の無責任体質に問題があると主張し、戦前の外務省の無能と失策を指摘している[2]

日米開戦に至る米政府の史料は、系統的によく整理されているが、これらの史料には歴史の記録として意識的に記録されたものがあり、史料作成の背景を考察する必要があるとも主張している[3]

受賞[編集]

  • 1998年 社団法人日本仏教保育協会持田栄一賞受賞
  • 2013年 アパグループ「真の近現代史観」特別賞受賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『教育基本法―その制定過程と解釈』協同出版、1972年。増補版、文化書房博文社、2002年 ISBN 4830109793
  • 『法学の基礎理論―その法治主義構造』協同出版、1973年
  • 『教育基本法の成立―「人格の完成」をめぐって』 日本評論社、1984年。新訂版、文化書房博文社、2003年 ISBN 4830110090
  • 真珠湾奇襲―大統領ルーズベルトの犯罪』 森田出版、1991年。「杉田誠」名義 ISBN 4795278032
  • 『総点検・真珠湾50周年報道―何がどこまでわかったか』森田出版、1992年。「杉田誠」名義 ISBN 4795278059
    [英訳] Japanese Perspectives on Pearl Harbor :A Critical Review of Japanese Reports on the Fiftieth Anniversary of the Pearl Harbor Attack, (Asian Research Service, 1995).
  • 『日本の神道・仏教と政教分離―そして宗教教育』 文化書房博文社、1992年 ISBN 4830106409。増補版2001年 ISBN 4830109467
  • 『日米開戦とポツダム宣言の真実』 亜紀書房、1995年 ISBN 4750595225
    • 新訂版『日米開戦以降の日本外交の研究』 亜紀書房、1997年 ISBN 4750597147
    [英訳] Between Incompetence and Culpability : Assessing the Diplomacy of Japan's Foreign Ministry from Pearl Harbor to Potsdam (University Press of America, 1997).
  • 杉原千畝と日本の外務省-杉原千畝はなぜ外務省を追われたか』 大正出版、1999年 ISBN 4811703103
    [英訳] Chiune Sugihara and Japan's Foreign Ministry:Between Incompetence and Culpability Part Two, (University Press of America, 2001).
  • 『生徒指導の手引き 原理編(新訂版)』 時事通信出版局、2005年
  • 『民主党は今こそ存在感を示す時』 文化書房博文社、2005年、ISBN 4830110708
  • 『日本の道徳教育は韓国に学べ―道徳教育教科化への指針』 文化書房博文社、2007年、ISBN 9784830111181
  • 『新教育基本法の意義と本質』自由社、2011年 ISBN 9784915237607
  • 『保守の使命』自由社、2011年 ISBN 9784915237676
  • 『外務省の罪を問う―やはり外務省が日本をダメにしている』自由社、2013年 ISBN 9784915237768
  • 『よい教科書のための教科書制度改革論―そして教育再生実行会議への期待』自由社、2013年 ISBN 9784915237751
  • 『理想の政教分離規定と憲法改正』自由社ブックレット、2015年

共著[編集]

  • 臨教審教育基本法 臨教審のゆくえと日教組の混迷』至文堂「現代のエスプリ別冊」、1986年(高橋史朗との共編著)
  • 『昭和から平成への天皇論』至文堂「現代のエスプリ」、1990年(大原康男との共編著)
  • 『日本の宗教教育と宗教文化』 文化書房博文社、2004年(大崎素史・貝塚茂樹との共著)ISBN 4830110341
  • 『必携学校小六法』協同出版(年刊:白石裕・葉養正明・結城忠・若井彌一との共著)
  • 『市販本 新しい公民教科書』自由社、2011年 ISBN 9784915237621
  • 『市販本 新しい歴史教科書』自由社、2015年 ISBN 9784915237836
  • 『日本人の原爆投下論はこのままでよいのか』日新報道 2015年(ハリー・レイとの共著、山本礼子訳) 
[英訳] Bridging the Atomic Divide : Debating Japan-US Attitudes on Hiroshima and Nagasaki (Lexington Books, 2019).
  • 『憲法及び皇室典範論』自由社、2017年(小山常実との共著) ISBN 9784908979088
  • 『対談・吉田茂という反省』自由社、2018年(阿羅健一との共著) ISBN 978-4-908979-10-1 

論文

  • 「オバマ大統領広島訪問の歴史的意義-アメリカは原爆の呪縛から解かれた」(史実を世界に発信する会)2016年
  • 「北朝鮮非核化に向けての新戦略-アメリカの日本占領経験の教訓に学ぶ」(史実を世界に発信する会)2017年

脚注[編集]

  1. ^ 新教育基本法の意義と本質(自由社、2011年) 8-28頁、72-77頁
  2. ^ 外務省の罪を問う(自由社、2013年) [要ページ番号]
  3. ^ 日米開戦以降の日本外交の研究(亜紀書房、1997年)41-103頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
藤岡信勝
新しい歴史教科書をつくる会 会長
7代:2011年 - 2015年
次代:
高池勝彦