杉原一正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杉原一正
人物情報
居住 日本の旗 日本
出身校 九州大学鹿児島大学
学問
研究分野 口腔外科学
研究機関 鹿児島大学
テンプレートを表示

杉原 一正(すぎはら かずまさ)は日本歯科医師歯学者鹿児島大学歯学部長。鹿児島大学大学院医歯学総合研究科先進治療科学専攻顎顔面機能再建学講座・顎顔面疾患制御学分野教授。

経歴[編集]

1973年九州大学歯学部卒業、1977年鹿児島大学医学研究科修了[1]。鹿児島大学 医学博士 論文の題は 「リボフラビン欠乏ラットの口腔粘膜病変に関する生化学的ならびに電子顕微鏡学的研究」。[2]

以後同大学医学部助手、歯学部助手、講師、助教授を経て1997年より教授に就任[1]

著作[編集]


所属団体[編集]

学職
先代:

第7回
2005年
千葉市
日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 大会長
第8回
2006年
かごしま県民交流センター
次代:

第9回
2007年
名古屋市
先代:
森田章介
第20回
2010年
大阪歯科大学
日本口腔粘膜学会総会・学術集会 大会長
第21回
2011年
鹿児島大学
次代:
笹野高嗣
第22回
2012年
学術総合センター
日本口腔内科学会として
先代:
木村博人
第57回
2012年
パシフィコ横浜
日本口腔外科学会総会・学術大会 大会長
第58回
2013年
福岡国際会議場
次代:
-

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 杉原 一正”. J-GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター (2010年2月25日). 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 代議員(社員)名簿(2012・2013年度)』”. 日本口腔外科学会. 2013年2月9日閲覧。
  4. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2013年2月9日閲覧。
  5. ^ 役員”. 日本臨床分子形態学会. 2013年2月9日閲覧。