杉並区防災無線電波ジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

杉並区防災無線電波ジャック事件(すぎなみくぼうさいむせんでんぱジャックじけん)とは、1985年6月22日東京都杉並区で発生した電波ジャック事件。

事件の発端[編集]

当時、杉並区議会議員だった長谷川英憲は、中核派の支援を受けており、1985年東京都議会議員選挙に出馬していた。中核派と敵対する革マル派は、選挙期間中に長谷川の選挙ポスターを破ったり、宣伝カーを盗んで放火するなどの選挙妨害を繰り返していた。対する中核派も鉄パイプなどで武装し、選挙妨害を繰り返す革マル派との乱闘騒ぎを区内各所で起こしていた。

事件の概要[編集]

1985年6月22日午後9時45分、杉並区の小中学校など104ヶ所の公共施設の防災無線屋外拡声子局スピーカーから突然、女の声で長谷川を中傷する放送が大音量で流れ出し、放送は25分間に渡って流れ続けた[1]。あまりの大音量に、区民はあわてて外に飛び出したという。

内容は、以下の通り。

  • 都議選に立候補している長谷川英憲はひどい男です
  • こんなひどい男を都議にしてはならない
  • 彼らは中核派で人殺しです
  • 長谷川英憲は人殺しーっ

警視庁は、革マル派の犯行とみなして捜査を進めたが、犯人逮捕されることはなくそのまま迷宮入りとなった。なお長谷川は1985年の都議選には落選したものの1989年の都議選で当選、1期を務めた[2]

犯行の手口は、防災無線と同じ周波数の発信器を乗用車に乗せ、移動しながら妨害電波を流したものとみられる[1]。当時の防災無線は音声に特定の周波数が重畳されている(トーンスケルチ)だけでスピーカーが作動する単純な仕組みだったため、伝送使用周波数とキーとなる重畳音声周波数が割り出せればジャック可能であった。

現在は放送前にデジタルコードを送信してからでないと動作しないものや、伝送自体をデジタル化するなどの方法に変更されておりジャックすることは困難である。仮に妨害電波を発射してもデューラス[3]で発信源が瞬時に割り出せるようになっており、当時のような延々とした妨害電波の発射はほぼ不可能である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「防災放送ジャック 都議選がらみで過激派? 立候補予定者を中傷」『中日新聞』1985年6月23日付
  2. ^ この時も1985年と同様に杉並区の防災無線がジャックされて長谷川に対する中傷が放送されたため、杉並区はその後数年にわたって選挙期間中の防災行政無線の運用の自粛を余儀なくされた。
  3. ^ 総務省が日本全国に配置している、不法無線局などを探知するために電波監視システムである。

参考文献[編集]

  • 事件犯罪研究会編『明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年

関連項目[編集]