朱才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朱 才(しゅ さい、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。君業揚州丹陽郡故鄣県(現在の浙江省安吉県)の人。父は朱治。義兄(従兄)に朱然(施然)、弟は朱紀・朱緯・朱万歳。子は朱琬。

生涯[編集]

軽快で機敏な人物であり、弓術と馬術が得意だったという。孫権はこれを愛し、側近になり、常に游戯に侍従した。

父が原因で、のち武衛校尉に任命する。兵を領して征伐に随従し、戦功を得た。224年、父が死去したため、爵位を継ぎ、偏将軍に遷った。

231年前に死去、子の朱琬の爵位を継いだ義甥の朱績(朱然の子)にその軍を引き継いだ。

参考資料[編集]

  • 『三国志』