札幌市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

札幌市警察(さっぽろしけいさつ)は、かつて存在した北海道札幌市自治体警察

概要[編集]

旧警察法の施行で、従来の北海道警察部(旧北海道庁警察部)が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に札幌市警察署が設置された。1949年(昭和24年)8月に「中央警察署」と「北警察署」に分離し、警察本部として札幌市警察局を設けた。

札幌市警察では、警備課長の白鳥一雄警部が殺害される事件(白鳥事件)が発生するなど、殉職者も出している。

その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法が全面改正される形で新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として北海道警察本部が発足。札幌市警察も北海道警察に統合され、姿を消した。

警察署[編集]

1951年(昭和26年)時点における札幌市警の警察署を以下に記す

  • 中央警察署
  • 北警察署

主な事件[編集]

関連項目[編集]