札幌市交通局A1200形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌市交通局A1200形電車
中央図書館前電停に停車中のA1200形
中央図書館前電停に停車中のA1200形
基本情報
製造所 アルナ車両
主要諸元
編成 3車体連接
軌間 1067 mm
電気方式 直流600V
最高運転速度 40 km/h
設計最高速度 60 km/h
車両定員 71名(座席27名)
編成重量 23.3t
編成長 17m
全長 16,980 mm
全幅 2,300 mm
全高 3,800 mm
台車 ボルスタレス/山形緩衝(シェブロン)ゴムSS-12型(A・B車)
主電動機 三相誘導電動機、TDK6408-C形
主電動機出力 85KW
編成出力 85kW×2 車体装架式
制御装置 VVVFインバータ制御(IGBT)
制動装置 回生・発電併用電気指令空気式
テンプレートを表示

札幌市交通局A1200形電車(さっぽろしこうつうきょくA1200かたでんしゃ)は、札幌市交通局(以下、市交通局)が2013年5月5日より営業運転を開始した、札幌市電路面電車車両。札幌市電では初となる超低床電車LRV)で、愛称は「ポラリス」。

創造性あふれる進取の気風、公共の乗り物としての使いやすさ、および道産木材を使用し優しく暖かみのある空間に仕上げたことなどが評価され、2013年度のグッドデザイン賞を受賞した(受賞番号:13G060599)[1]

概要[編集]

2015年春予定の市電ループ化(同年12月20日に延期)に対応すべく導入された車両で、製造元であるアルナ車両が開発した超低床車のブランド名「リトルダンサー」のUaタイプをベースにしている[2]。2013年3月にA1201編成が落成[3]し、5月5日から営業運転が開始され、2014年3月A1202編成が落成し、4月30日から営業運転が開始された。2014年4月にA1203編成が落成[要出典]し、5月14日から営業運転が開始された[4]

3車体連接車で、両端の台車付車両(A車・B車)の間に台車の無い中間車(C車)を挟むフローティング構造となっている。出入り口の高さは350mmで従来車両よりも50cmほど低くなり、中間車であるC車の扉には車椅子用の渡り板が装備されている。車内はA・B車がクロス配置の一人掛け7席、C車はロングシート13席でこの内2席は車椅子スペースを確保するため跳ね上げ式となっている。窓側には道産木材を用いたサイドテーブルが設置された[3]

本形式は札幌市電では初どころか、市営地下鉄を含めた交通局の車両全体としても初めて[要検証 ]となる設備が多数設置されている。

デザインは榮久庵憲司が手掛けた[5]

営業運転開始当初の5月は臨時便としての運行であったが、6月からは通常ダイヤに組み込まれて運行されている。8月25日の市電フェスティバルで市交通局は市民から公募していたA1200形の愛称を北極星を意味する「ポラリス」とすることを発表した[6]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 従来車両はバスのようなブザー方式である。札幌市営地下鉄には2014年現在までドアチャイムが設置されていない。

出典[編集]

  1. ^ 超低床路面電車(札幌市路面電車 A1200形) - 公益財団法人日本デザイン振興会、2014年12月21日閲覧
  2. ^ 『路面電車EX 2016 Vol.8』 イカロス出版2016年、50頁。ISBN 978-4-8022-0243-5
  3. ^ a b 「新車カタログ2013」(『鉄道ファン』2013年9月号特別付録)7p
  4. ^ 新型低床車両について - 札幌市、2015年3月20日閲覧
  5. ^ AXIS Vol. 166. アクシス. (2013). 
  6. ^ “愛称は「ポラリス」に 札幌市電の新型車両”. 北海道新聞. (2013年8月26日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/487811.html 2013年8月27日閲覧。 

参考文献[編集]