札幌医科大学衛生短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札幌医科大学衛生短期大学部
大学設置/創立 1983年
廃止 1995年
学校種別 公立
設置者 札幌市
本部所在地 北海道札幌市中央区南3条西17丁目
学部 看護学科
理学療法学科
作業療法学科
テンプレートを表示

札幌医科大学衛生短期大学部(さっぽろいかだいがくえいせいたんきだいがくぶ、英語: School of Allied Health Professions, Sapporo Medical College[1])は、北海道札幌市中央区南3条西17丁目に本部を置いていた日本公立大学である。1983年に設置され、1995年に廃止された。大学の略称は衛短。学生募集は1992年度まで。翌年度より札幌医科大学保健医療学部の設置により短期大学は学生募集を停止し、1995年4月25日 正式廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 札幌医科大学衛生短期大学部は医療技術者の養成にちからをいれていた。札幌医科大学附属病院で臨床十実習が行われていた。

学風および特色[編集]

  • 札幌医科大学衛生短期大学部は学名とおり医科大学内にキャンパスがあったことから、医学部との連携は深いものとなっていた。

沿革[編集]

  • 1983年 札幌医科大学衛生短期大学部開学。
    • 看護学科
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
  • 1992年度をもって学生募集を終了。翌年度より札幌医科大学に統合。
  • 1995年4月25日 正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 北海道札幌市中央区南3条西17丁目

年度別学生数[編集]

通学課程[編集]

  • 各年度の学生数はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- 看護学科 理学療法学科 作業療法学科 出典
入学定員 50 20 20 -
総定員 150 60 60 -
1983年 男0
女50
男18
女2
男11
女9
[3]
1984年 男0
女100
男38
女8
男22
女18
[4]
1985年 男0
女149
男50
女10
男29
女28
[5]
1986年 男1
女150
男44
女16
男24
女36
[6]
1987年 男1
女151
男43
女17
男19
女41
[7]
1988年 男2
女148
男41
女22
男15
女43
[8]
1989年 男1
女155
男44
女19
男16
女45
[9]
1990年 男1
女155
男52
女16
男17
女44
[10]
1991年 男2
女156
男44
女21
男19
女46
[11]
1992年 男2
女154
男40
女25
男22
女47
[12]
1993年 男2
女104
男22
女21
男12
女32
[13]
1994年 男0
女53
男14
女10
男7
女15
[14]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 札幌医科大学衛生短期大学部の学園祭は医大と合同で行われていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:当時、短大のキャンパスは地下1階・地上6階建てとなっていた。1階が図書室となっていた。

[編集]

  • 札幌医科大学衛生短期大学部には医大と同様、「望嶽寮」と呼ばれる学生寮があった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ CiNii-痙直型脳性麻痺児の crouching gait とその定量化に関する研究-より。2014年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』245頁より。
  3. ^ 昭和59年度版『総覧』38頁
  4. ^ 昭和60年度版『総覧』38頁
  5. ^ 昭和61年度版『総覧』43頁
  6. ^ 昭和62年度版『総覧』43頁
  7. ^ 昭和63年度版『総覧』44頁
  8. ^ 昭和64年度版『総覧』47頁
  9. ^ 1990年度版『総覧』48頁
  10. ^ 1991年度版『総覧』48頁
  11. ^ 1992年度版『総覧』49頁
  12. ^ 1993年度版『総覧』50頁
  13. ^ 1994年度版『総覧』51頁
  14. ^ 1995年度版『総覧』53頁

外部リンク[編集]