本間氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本間氏(ほんまし)は氏族の一つ。

  1. 鎌倉時代の佐渡国守護代。戦国時代まで佐渡を支配した。佐渡本間氏ともいう。
  2. 江戸時代から続いた地主。現在の山形県酒田市を本拠とする。酒田本間氏ともいう。
  3. 大友氏の支族。豊後国を本拠にした。豊後本間氏ともいう。

佐渡本間氏[編集]

本間氏
(佐渡本間氏)
No image available.svg
十六目結
本姓 武蔵七党横山党海老名氏流
家祖 本間能久
種別 武家
出身地 相模国愛甲郡依知郷本間
主な根拠地 佐渡国
支流、分家 河原田本間氏(武家
羽茂本間氏(武家
酒田本間氏地下人
凡例 / Category:日本の氏族

本間氏(ほんまし)は鎌倉時代から戦国時代まで佐渡国を支配した氏族武蔵七党横山党海老名氏流。本間の名は相模国愛甲郡依知郷本間に由来。

概要[編集]

鎌倉時代初期、佐渡国守護となった大佛氏執権北条氏の支流)の守護代として佐渡に入った本間能久より始まる。雑太城を本拠として勢力を伸ばし、いくつかの分家に分かれた。

永正6年(1509年)、永正の乱では関東管領上杉顕定に敗れた越後守護代長尾為景守護上杉定実を匿い、翌永正7年(1510年)には羽茂本間家・雑太本間家が為景に援軍を出し寺泊から越後へ上陸、長森原の戦いで顕定を敗死させた。その功により為景から越後に領地を与えられている。

戦国時代になると分家の河原田本間家、羽茂本間家の力が強まり度々争うようになり、惣領家の雑太本間家は没落する。

為景の子長尾景虎(上杉謙信)の代に河原田、羽茂両家の争いはいったん収まるものの、天正6年(1578年)の謙信の死後に再燃する。後に上杉景勝の代になると、会津蘆名氏出羽国最上義光と結び反上杉の姿勢を取るようになる。

豊臣秀吉から許しを得た景勝は、1589年、佐渡へ侵攻し本間氏を討伐。抵抗する佐渡側の本間氏と決別して上杉側に就いた一部の本間氏は、討伐後に佐渡を離れて上杉家と共に越後、会津、米沢へと移転した。

本拠地[編集]

当主[編集]

  1. 本間能久
  2. 本間忠綱
  3. 本間宗忠
  4. 本間泰定
  5. 本間頼直
  6. 本間泰宣
  7. 本間有直
  8. 本間直冬
  9. 本間有重
  10. 本間重直
  11. 本間泰重
  12. 本間泰直
  13. 本間泰時
  14. 本間有泰 天文21年(1552年)没(墓の所在地:雑太本間家菩提寺の大蓮寺)
  15. 本間泰高 天正15年(1587年)没(墓の所在地:大蓮寺)
  16. 本間憲泰 元和9年(1623年)没(墓の所在地:大蓮寺)
  17. 本間泰秀(四郎左エ門)明暦元年(1655年)没(墓の所在地:中興本間家菩提寺の興源院)
  18. 本間大吉(四郎左エ門)寛文7年(1667年)没(墓の所在地:興源院)


佐渡中興(なかおき)の本間四郎左エ門泰秀が雑太の本間信濃守憲泰の娘婿となり、雑太(さわだ)本間家の家督を継承した。泰秀の嗣子四郎左エ門大吉は佐渡奉行所地役人に召出され、佐渡相川に移住した。大吉には宣儀、平秀、蕃儀の三子があり、平秀が佐渡奉行所地役人を継承し、六代後の今井彦一まで継続して佐渡奉行所地役人を務めている。宣儀(権左エ門)は中興本間家を継ぎ、2012年現在、宣儀から数えて十二代目となる子孫が佐渡市中興(旧金井町中興)に在住している。宣儀と平秀の子孫の墓は、いずれも中興本間家の菩提寺である興源院(佐渡市中興)にある。 佐渡本間氏の嫡流である雑太家の流れを汲む中興本間家は350年以上の時を経て現在に続いている。

羽茂本間家[編集]

  1. 羽茂高季
  2. 羽茂高信長尾為景の姪婿)
  3. 羽茂高貞上杉景勝に討たれる)
  4. 羽茂高頼(上杉景勝に討たれる)

酒田本間氏[編集]

本間氏
(酒田本間氏)
No image available.svg
本姓 武蔵七党横山党海老名氏流本間氏流
家祖 本間原光
種別 地下人
平民
出身地 相模国愛甲郡依知郷本間
主な根拠地 出羽国
山形県酒田市
著名な人物 本間光丘
本間宗久
凡例 / Category:日本の氏族
本間家旧本邸(山形県酒田市、2013年8月)

本間氏(ほんまし)は佐渡本間氏の分家で、山形県酒田市を中心に農地解放による解体まで日本最大の地主と称された豪商[注釈 1]「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」と謳われるほどの栄華を誇った。

酒田本間氏については「本間家旧本邸」のように、本間氏(ほんまし)ではなく本間家(ほんまけ)と通称される。

佐渡本間氏の一族には、上杉氏転封の折に山形へ移った者もいた。1689年(元禄2年)、現在の酒田市本町に「新潟屋」の暖簾を掲げ商売を始めた酒田三十六人衆の一人で武士であったといわれる本間久右衛門の息子あるいは番頭といわれる原光を初代とし[1]、3代当主である光丘は、士分の取り立てを受け庄内藩の財政再建に取り組んだほか、砂防林の植林を進めた[1]。さらに宝暦の大飢饉で多くの農民が餓死したことを教訓に、豊作の際には米を庄内藩の米倉に貯蔵し、飢饉の際には米を放出する「八ヵ年計画による備蓄計画」を起案し藩に提出。この計画は昭和20年頃まで維持された[2]。またローソク足を考案した宗久など多くの逸材を輩出した。このほか金融業にも進出[注釈 2]大名貸では東北の多くの大名家から借入の申し込みを受けその要請に応えた。そしてそこから得た利益を元手に土地を購入。田地を拡大していった[2]。さらには北前船交易の隆盛もあり三井家住友家に劣らぬ大商家となった。

戊辰戦争の際には佐幕派の庄内藩のため巨費を献じたほか、明治維新後には政府から多額の賠償金の支払いを求められた[3]。その後も引き続き日本最大級の大地主ではあったものの、起業・興業にはあまり執心せず財閥化することなく、一地方企業家にとどまった。しかしながら、防風林および灌漑事業整備に大いに貢献し酒田の近代化に尽力した。さらには根室の柳田藤吉を支えた。

第二次大戦後のGHQによる農地改革の実施に伴い、1750ヘクタールあった農地はただ同然で売り渡され、本間家には4ヘクタールのみが残存した[4]

1990年平成2年)、本間家の商事部門等であった本間物産は倒産[4]。その後カウボーイ傘下で再建された後、秋田県仙北市に本社を置く伏見屋買収によって同社傘下とされた[注釈 3]。なお不動産関連は本立信成として今日も現存する。

本間ゴルフ創業者の本間敬啓、裕朗兄弟は酒田本間氏庶流にあたる。

歴代当主[編集]

  1. 本間原光
  2. 本間光寿
  3. 本間光丘
  4. 本間光道
  5. 本間光暉
  6. 本間光美
  7. 本間光輝
  8. 本間光弥

一族[編集]

  • 本間宗久(光寿の弟。「相場の神様」「出羽の天狗」と称される。光寿の隠居後、光丘の奉公修行中に当主代理を務めた)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実際には殖産興業の父である前田一本園が日本最大で東京都の4分の1に相当する約5000haを所有していた。
  2. ^ 主に、大阪堂島米会所先物取引での巨利をあてたといわれる。
  3. ^ 屋号はマルホンカウボーイとされるも、社名は従来通り本間物産を堅持している。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ついに没落 最後の地方財閥 山形の「本間様」に更生法適用」『毎日新聞夕刊』1990年10月30日
  2. ^ a b 「本間家の抗争 人呼んで酒田のフォークランド紛争 早瀬利之」『諸君!』1882年8月号
  3. ^ “郷土の先人・先覚68 本間光美 光丘翁の再来 庄内米の声価高める”. 荘内日報. http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/exploit/exp68.html 2016年3月19日閲覧。 
  4. ^ a b 「「コメどころ庄内」礎築く 今も残る本間家の遺産 山形県酒田市 日本人とコメ(10)」『日本経済新聞電子版』 2014年10月27日

外部リンク[編集]