本間充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほんま みつる
本間 充
生誕 (1947-11-06) 1947年11月6日(71歳)
日本の旗 日本 兵庫県
出身校 甲南大学法学部法学科
職業 実業家

本間 充(ほんま みつる、1947年昭和22年)11月6日 - )は、日本実業家。元三洋電機株式会社代表取締役副社長、元株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)代表取締役会長最高経営責任者CEO)。元一般社団法人電池工業会会長[1]

概観[編集]

兵庫県生まれ。

三洋電機では米国子会社の副社長を任され、経営者としての素地を磨いた。帰国後は電池事業を率い、リチウムイオン二次電池をシェア首位に導く[2]。三洋電機の副社長を務める傍ら、電池工業会会長を務め、ハイブリッド車電気自動車向けの二次電池に精通。電池部門で勝ち組だった三洋がパナソニックに買収されると、退任し、官製ファンドの産業革新機構傘下でソニー日立製作所東芝の中小型液晶部門を統合し、ジャパンディスプレイ(JDI)が発足すると、同時にCOOに就任したセイコーエプソン出身の有賀修二と二人三脚でJDIの航取りを託された。

経営不振に陥ったシャープが、鴻海精密工業と組むとの報道に対し、読売新聞2016年2月27日版)によると、本間は、「絶対に鴻海とは組まない。ぶっ潰すだけだ。」と息巻いた。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [ nikkei BPnet ] - 日経BPネット
  2. ^ 『週刊東洋経済』,2015年9月26日号 - P.35
  3. ^ Tokyo International motor Conference - Profile

関連項目[編集]

外部リンク[編集]