本能寺の変を題材とした作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本能寺の変 > 本能寺の変を題材とした作品

ここでは本能寺の変を扱ったフィクションを中心とした文芸作品・映像作品・その他について説明する。

文芸作品・映像作品[編集]

小説[編集]

戦国時代にタイムスリップした自衛隊員が、自らの把握していた歴史とは異なる歴史に疑問を抱いていたが、物語の終盤にて自らが信長の役を演じさせられていた事に気付かされて、物語のエンディングとなる。本作において自衛隊員達が襲撃されたのは「本能寺」ではなく「妙連寺」であるが、主人公の伊庭義明三等陸尉は自害のためのの引き金を引いた瞬間に、その場所が「本能寺」にあたる事を悟った。

映画[編集]

日本初の時代劇とされている映画。
信長暗殺の連判状が存在、秀吉と光秀の名前があるが、秀吉と光秀の共謀ではなく、秀吉が光秀をそそのかしたようになっている。また、五右衛門の出自や人間関係など史実とはかなり違う内容になっている。

ドラマ[編集]

当時話題になっていた過労死の問題と光秀の苦悩が重ね合わされ、信長を討ったあと光秀は「これで、眠れる」とつぶやく。明智光秀の謀反に対して信長は「有りそうなことじゃ」と言う。
徳川家康の謀略と、怨恨説が混在して描かれる。家康は信長の光秀に対する冷遇に同情すると見せかけ、謀反に及ぶようそそのかしている。千宗易も信長に疎まれたため、光秀に本能寺の情報を流した描写があるが、信長謀殺を意図していたかは不明。また家康が光秀をそそのかしている現場を目撃していた。宗易は信長との最後の謁見の折秀吉の茶頭になることを許された後、信長に何かを伝えようと引き止めるも、信長は去っていってしまった。宗易が利休と改名した後、この一連の真実を秀吉が知る事となり、最終的に秀吉が利休に切腹を命じる引き金となった。
黒幕が誰であるというよりは光秀の苦悩と秀吉の野望を中心に形成。主人公の前田利家は全く関与せず。信長以外は赤い流星群や燃え上がる安土城の幻を見て、すべて本能寺の変が起こることを事前に知っていたという変わった内容となっている。
怨恨説、三職推任問題などに触れながら、光秀の従兄妹で信長の正妻・濃姫との関係にスポットを当てている。
信長とは違い民衆と仲良く平和に天下を統一したいと考える秀吉、光秀両人の意思が疎通し合い、光秀が謀叛することを秀吉は察知しており、光秀も自ら秀吉に自分を討たせ、秀吉に天下を取らせたという設定で、秀吉・光秀共謀説のように描かれた。また、信長が朝廷を滅ぼす意思を光秀に語った件から光秀の様子がおかしくなっており、朝廷を守護する為に信長を討ったというテイストも見え隠れする。

その他[編集]

「光秀=南光坊天海説」を採用し、黒幕を光秀・秀吉・家康の3人が行ったと結論を出した。家康と秀吉は各々が独立し光秀に協力したとある。
濃姫が黒幕であるとし光秀とはいとこ説や恋仲説を提唱。また濃姫は美濃斎藤一族が滅んだのち歴史書から抹消されており番組内では嫡子織田信忠を産んだ生駒氏が濃姫に代わり正室にした旨が放送された。

演劇[編集]

浄瑠璃[編集]

  • 絵本太功記』-武智(明智)光秀が主君小田春長(織田信長)を討つ過程とその後の悲劇を描く。十段目「尼崎閑居の段」が有名
  • 『仮名写安土問答』
  • 『三日太平記』

歌舞伎[編集]

信長(芝居では春長)は、気にいらぬ者を執拗にいたぶるサディスティックな性格に描かれている。対して、光秀は実直一方でひたすら苛めに耐え続ける人物とされ、本能寺で自分の忌まわしい過去を主君に暴かれて謀反を決意するという筋である。

ミュージカル[編集]

  • 『本能寺が燃える』 - エフエム愛知、2011年。脚本・作詞 あおい英斗、作曲 なかむらたかし、山本雅士

漫画[編集]

千宗易(後の利休)が秀吉を煽動し、二人が光秀を謀叛に追い込んで信長を抹殺した、という説をとっている(表面上はすべて史実通りの展開)。作中、光秀はツメが甘く信長を殺せないのでは、と危惧した秀吉が自ら本能寺に潜入して信長を斬殺する、という珍しいシーンがある。
信長が天下獲りに魔修羅一族の力を借りていたとされ、それを阻止すべく当時の瑪羅門一族が光秀を「聖なる力(チャクラ)」で操り謀反を起こさせた事になっている。瑪羅門の介入に気付いた魔修羅は早々に信長を見捨てて撤退し、また光秀もなぜ自分が意志と無関係に主君を討つのか理解できないまま攻撃を指揮するなど両者とも操り人形と化している。
イスパニア出身の宣教師カブラルや朝廷の貴族に光秀が扇動され、さらに一族が信長のために大勢殺された事を恨んだ光秀が謀叛を起こした事になっている。一方、秀吉は光秀の叛意に気付いていたものの本当に謀叛を起こすとは思ってもいなかったため、本能寺の変の知らせに仰天している。ただし、この作品では信長は森蘭丸とともに(超常現象に巻き込まれた形だが)本能寺を脱出して生き延びており、謀叛は失敗に終わっている。
信長の暴走を止めたいなら謀反を起こせと、信長自身が光秀に諭している。また作中では投降した武田氏家臣団を光秀の面前ですべて殺害した件がある。
決起直前に、光秀が「朝廷から示唆された」ことを示唆している。なお、この作品では、切腹の直前に主人公がタイムスリップで帰還し、そのまま信長も別の時代にタイムトリップするという結末になっている。
本編では理由は語られていないが、あとがきで作者は、「天下がとれそうだったから謀反を起こしたのではないか」と書いている。
上述の小説版をほぼ忠実に劇画化した作品。正確には「本能寺の変」そのものではなく、天下統一を目前にした自衛隊員のほとんどが宿泊していた「妙連寺」が襲撃の舞台となり、作中のサブタイトルや続編「続・戦国自衛隊」では「妙連寺の変」と呼称されている。また、自衛隊を襲撃したのは史実の明智光秀ではなく細川藤孝である。
原作小説や田辺節雄版とは異なるオリジナルストーリーで描かれた「戦国自衛隊」。タイムスリップした自衛隊は、そこが「本能寺の変」の起こる直前の時代である事を知り、自分たちが歴史に大きく介入すればそれに対する修正力が働いて現代に戻れるのではないかと考え、明智光秀の織田信長襲撃の現場に介入し、命を落とすはずの信長を救い出すことに成功する。しかし現代には戻れず、助け出した信長と戦うことになってしまった。

ゲーム[編集]

信長の野望・全国版』以降イベントで本能寺の変が発生する仕組みとなっているが、一部の作品では本能寺の変のきっかけとなった様々な説を取り入れている。『烈風伝』では怨恨説に対し『嵐世記』では四国征伐回避説を取り入れ、『天道』では理想相違説を取り入れている。
本能寺の変の黒幕は光秀ではなく信長の弟の信行であり、光秀は信長に完全に心酔している等完全なフィクションとして描かれている。ただし史実の信行も信長に対して謀反を企てている。
『戦国大戦 - 1582 日輪、本能寺より出ずる -』以降の群雄伝にて本能寺の変のシナリオが登場する。

インターネットコンテンツ[編集]

  • 『「本能寺の変」踊る授業シリーズ【踊ってみたんすけれども】』(参照
ダンスユニットのエグスプロージョンが、YouTube上に公開した動画。本能寺の変の概説を面白おかしく説明しながら踊るという内容。
この動画が人気を博し、のちに『踊る授業シリーズ』の続編も公開されている。
詳細は「エグスプロージョン」を参照

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]