本町 (八尾市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本町
八尾市役所
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 大阪府
市町村 八尾市
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 581-0003

本町(ほんまち)は、大阪府八尾市郵便番号は581-0003、現在の住所表記では1丁目 - 7丁目まで存在する。

現住所表記に変更される前は大字八尾を中心に、大字西郷、大字木戸、大字東郷、大字大信寺など周囲の一部も含まれていた。

歴史[編集]

令制国一覧 > 畿内 > 河内国 > 若江郡 > 寺内村ほか

河内国若江郡の南に位置し、寺内町(八尾、大信寺)のほかに「八尾八か村」と呼ばれた 西郷村、東郷村、木戸村、庄之内村、成法寺村、今井村、別宮村、八尾座村の各村があっ た地域が狭義の八尾とよばれる。

中世・平安時代以降は「八尾庄」と呼ばれた有力寺院の荘園地であった。慶長11年(1606年)に久宝寺村の森本行誓ら17人衆は、本願寺が東西に分かれて対立したこと発端とし、久宝寺寺内町を支配していた安井氏と対立したが敗訴し、また17人衆は東本願寺に属したことから村を追放される形となった。この時、東本願寺の教如は徳川家康より八尾庄の四町四方の地を与えられ、行誓らは東本願寺に属した慈願寺と共にこの地に移住・荒れ地を開墾して八尾御坊大信寺を中心とした寺内町の基礎を築いた。以降、八尾の中心はのちに八尾八か村とよばれる集落から寺内町へと移り、在郷町として発展した。町内は周囲の農村部で木綿栽培が盛んだったこともあり木綿問屋や肥料屋が数多く存在した。

江戸時代初期までは八か村はひとつの村であったが寛永年間に分村している。現在の本町は寺内町の全域および周囲の一部を取込んだ地域である。江戸時代における支配者は最初は幕府直轄、享保15年以降は大坂城代土岐頼稔領、のち頼稔の上野沼田藩への入部により沼田藩領となり幕末へ至る。明治期の市町村制施行により八尾村の大字八尾の一部となる。

昭和35年に町名地番改正が実施され、旧寺内村とその周辺で整理、住居表示が実施され、本町1丁目 - 7丁目となった。

地理[編集]

八尾寺内町

大信寺を中心とする環濠集落・寺内町であり、東は八尾市役所前の道路(府道近鉄八尾停車場線)、西は旧大阪中央環状線、南は府道大阪港八尾線の一つ北の通り、北は八尾天満宮の北側の道筋に囲まれた範囲となる。寺内町の中央は現在の本町2交差点付近にあたり、大信寺や慈眼寺は西端に近い。かつては四方を小さな水路で囲まれていたが現在も水路の一部が残っている。内部は南北に整備された街路が通り、域内に西表町、東表町、西中之町、東中之町、小南町、大南町、北町、古御堂町の8町があった。かつて東西南北と今口に「木戸門」と呼ばれる5ヶ所の門があり、東は現在の本町1交差点付近にあった。北は八尾天満宮の門として現在も残っている。なお、古の寺内町・在郷町としての面影は余り残っていない。

主な施設、旧跡

(本町1丁目)

(本町2丁目)

もとは八光信用金庫本店(後に大阪東信用金庫本店)であり、さらに遡ると森本行誓の屋敷があった場所であり、2006年12月に建物の前に「八尾寺内町顕彰碑」が建てられた。

(本町3丁目)

親鸞の直弟子の24人のうちの一人、信願房法心が創建した寺院で、当初は顕証寺の世話寺、のちに大信寺の世話寺となる。
  • 本町第二公園
  • 八尾本町郵便局

(本町4丁目)

正式名称は「真宗大谷派八尾別院大信寺」、別名「八尾御坊」。八尾寺内町の中心となる寺院である。

(本町5丁目)

別名「八尾地蔵尊」。河内音頭発祥の地とされており、流し節正調河内音頭保存会の事務所が境内にある。
  • 八尾ファミリーロード

(本町6丁目)

(本町7丁目)

物部氏の一族である来栖連の祖神を祀る神社で、もとは「粟栖神社」と称した。式内社で、祭神は宇麻志麻治命。境内に八尾城跡の碑がある。かつての西郷村の中心地であり、境内に西郷会館(自治会館)がある。
  • 八尾ファミリーロード

※全域が成法中学校(清水町2丁目)、八尾小学校(本町1)校区となる。

交通[編集]

主要道路

鉄道
地域内を鉄道は通っておらず、7丁目北東はずれに近鉄八尾駅がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]