本田済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本田 済(ほんだ わたる、1920年1月7日 - 2009年9月21日[1])は、中国哲学者

三重県生まれ、京都府宇治市出身。1942年京都帝国大学文学部哲学科卒。1964年「易経の思想史的研究」で京都大学文学博士。1949年高槻高等学校教諭、1952年大阪市立大学文学部助教授、1965年教授、1980年定年退官名誉教授梅花女子大学教授、1983年学長。号は鬳斎(けんさい)[2]

著書[編集]

  • 『易学 成立と展開』平楽寺書店・サーラ叢書 1960、のち新版
  • 『人類の知的遺産 6 墨子講談社 1978
  • 『東洋思想研究』創文社〈東洋学叢書〉 1987
  • 『鑑賞中国の古典 24 近世散文選』角川書店 1988
  • 『鬳斎注老子講義録』読老会編 致知出版社 1995
  • 『易經講座』(上下)、斯文会 2006-2007

共著編[編集]

訳注[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本田済氏死去:47ニュース
  2. ^ 『現代日本人名録』1987、2002