本田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本田 實(ほんだ みのる、1913年2月26日 - 1990年8月26日)は日本のアマチュア天文家[1]。生涯に彗星12個、新星11個を発見した[2]鳥取県八頭郡八頭村(現八頭町)出身。

本田は1923年ごろ(当時10歳)、生家の星空の美しさを意識し始め、ためた小遣いで口径28mmのシングルレンズと焦点距離25mmのラムスデン式接眼鏡を買った。32倍の屈折望遠鏡を自作して下弦の月を見たのが、望遠鏡による初めての天体観測となった(当時17歳)。 対物レンズは桐の小箱に大切に保管され、「我ニ太陽ノ黒点ヲ 木星ノ四大衛星ヲ 土星ノ環ヲ 最初ニ見セテクレタレンズ 28ミリシングルレンズ」と表書きがされている。

1930年ごろ、東京天文台神田茂著『彗星の話』を読んで、彗星発見を決意。1932年には金星のそばに彗星らしきものを発見し、京都大学花山天文台に報告したが、「恐らくゴースト」と指摘するハガキが届いた。 これを契機に、同天文台長・山本一清の指導を受け、日食黄道光を観測した。黄道光観測所(当時・広島県福山市)時代の1940年に初の彗星発見となる岡林・本田彗星を発見。1941年から、岡山県倉敷市中央の全国初の民間天文台である倉敷天文台で活躍した。

戦争中も、戦地のマライ半島では星図もなかったが、星雲状の移動天体を捜索、「彗星発見か」と、シンガポールから東京天文台へと送られた。新彗星ではなかったものの、グリグ・スケレルプ周期彗星であることが判明し、「空に科学する兵士」と報じられ、内地の慧夫人に居場所を知らせることになった[3]

倉敷の街が明かるくなり、新天体発見が困難になったため、暗い空を求めて移動観測していたとき、賀陽町(現・吉備中央町)の地域の人のはからいで、1981年に私費で建設した観測所を「星尋山荘(せいじんさんそう)」と名付けた。星尋山荘で通算1453回目の観測を行った2日後の1990年8月26日、倉敷天文台内で永眠。倉敷市名誉市民となった[2]

小惑星の名前の中に、本田實((3904) 本田)と慧(さとる)夫人((8485) )、そして星尋山荘((11442) 星尋山荘)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『人物レファレンス事典郷土人物編』(2008)
  2. ^ a b 秘書課/倉敷市”. 倉敷市. 2015年7月19日閲覧。
  3. ^ “遺稿「星へものを尋ねて(わが感情天文学)」”. 天文月報 (日本天文学会). (1990年12月). 

外部リンク[編集]