本田仁一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本田 仁一
ほんだ じんいち
生年月日 (1962-11-12) 1962年11月12日(57歳)
出生地 福島県田村郡常葉町
出身校 福島県立船引高等学校
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 本田仁一 公式サイト

当選回数 1回
在任期間 2017年4月17日 - 現職

選挙区 田村市・田村郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 2011年11月20日[1] - 2017年2月14日

Flag of Tamura, Fukushima.svg 田村市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2005年 - 2011年

Flag of Tokiwa Fukushima.png 常葉町議会議員
当選回数 3回
在任期間 1996年 - 2005年2月28日
テンプレートを表示

本田仁一(ほんだ じんいち、1962年11月12日 - )は、日本政治家福島県田村市長(1期)。福島県議会議員(2期)、田村市議会議員(2期)、常葉町議会議員(3期)などを歴任した。。

来歴[編集]

福島県田村郡常葉町出身[2]福島県立船引高等学校卒業。

1996年(平成8年)、常葉町議会議員に初当選。3期目の2005年(平成17年)3月1日、常葉町滝根町大越町都路村船引町と合併して田村市が誕生。田村市議会議員として2期務める[3]

2011年(平成23年)11月20日に行われた福島県議会議員選挙で初当選。県議時代は自由民主党県連青年局長や県連政調会副会長などを務めた[3]

2017年(平成29年)2月14日、県議を辞職[4]。同年4月9日に行われた田村市長選挙に自民党の推薦を受けて出馬。現職の冨塚宥暻を破り初当選を果たした。投票率は72.32%[5]。4月17日、市長就任[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
冨塚宥暻
Flag of Tamura, Fukushima.svg 福島県田村市長
2017年 -
次代:
(現職)