本岡類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本岡 類
(もとおか るい)
誕生 (1951-02-24) 1951年2月24日(68歳)
日本の旗 日本 千葉県
職業 小説家推理作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
活動期間 1981年 -
ジャンル 推理小説、現代小説
主な受賞歴 第20回オール讀物推理小説新人賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

本岡 類(もとおか るい、1951年2月24日[1] - )は日本推理作家小説家千葉県出身。本名、村岡清明[1]早稲田大学政治経済学部卒業[2]。大学卒業後、出版社に勤めていた1981年に『歪んだ駒跡』にて第20回オール讀物推理小説新人賞を受賞、デビューした。千葉県我孫子市在住。

作品リスト[編集]

小説以外[編集]

  • 介護現場は、なぜ辛いのか 特養老人ホームの終わらない日常(新潮社、2009年5月)ISBN 9784104083046

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.467
  2. ^ 「不要」の刻印 / 本岡 類【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア

外部リンク[編集]