本宮万記弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本宮 万記弘(もとみや まきひろ、1968年12月31日 - )は元水球選手、水球指導者。群馬県出身。

略歴[編集]

群馬県立前橋商業高等学校日本体育大学卒。群馬県立高崎高等養護学校の教員を務めたのち、現在は専修大学水球部監督として、日本代表などでもコーチを務めている。東京2020オリンピックでは女子水球日本代表の監督も務めた。

海外でプレーした日本人水球選手の先駆け的存在であり、C.N.タラッサなどスペインでのプレー経験がある[1]。また、日本代表としても、アジア大会など多くの国際大会で中心選手として活躍した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]