本多義光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほんだ よしみつ
本多義光
本多義光(中央)
本多義光(中央) 2015年3月3日撮影
生誕 (1951-11-20) 1951年11月20日
群馬県利根郡新治村
(現みなかみ町
国籍 日本の旗 日本
出身校 新治中学校
職業 稲作
補足

本多義光(ほんだ よしみつ、1951年11月20日- )は、日本の稲作篤農家。群馬県稲作経営者会議[1] 副会長、利根沼田農作業受託者連絡協議会 会長、みなかみ町「水月夜生産組合」[2] 組合長、アグリサポート有限会社[3] 代表取締役。

生い立ち[編集]

群馬県利根郡の農家に生まれ育ったが、小学生の頃から実家の農作業に従事、実父の急死により小学生から独力で農作業を継続することになった。生活の面では親戚の援助などを受けながら、稲作作業を従事することになった。農作業を優先する必要もあり、義務教育を終えた後は、農業に専念することになった。そのため、農業高校などで農業や稲作について理論的に学ぶことはなかった。しかし、米の良し悪しを測る味度計を上げるにはどうしたら、独自の試行錯誤を繰り返し立て、その仮説と検証の繰り返しの中で独自の稲作方法を確立し、例年、コンクールで上位で入賞、優秀賞などを受けるようになった。

米コンテスト受賞歴[編集]

[4]

2015年3月に、全国の主要米コンクールですべて入賞以上の成績を達成した[11]

本多のコメ作りの秘訣[編集]

[12][13] 群馬県利根郡みなかみ町は、山ひとつ挟んで日本で一番とされる米どころ、新潟県魚沼コシヒカリだが、魚沼と比べると、雪深いわけでもなく、コメの耕作地としては決して特筆すべき水準の地域ではない[要出典]。したがって、魚沼では、コメ作りを小規模で始めて数年の人物がコンクール上位入賞の米を生産することは多々、起こっているが、みなかみ町で、このような農家は本多をおいてない[要出典]

また、本多の耕作地は、慢性的に水不足に悩まされており、むしろ耕作地としてハンデさえある。しかし、本多は、小学生時分から、

  1. 水不足でも、あふれるほどの水を稲は必要としているわけではないこと。
  2. 肥料は与えるが、多過ぎてはいけない、むしろ控えめのほうがいいこと。
  3. 常識的には除去すべきだとされている稲の周りにある雑草を、あえて残してやるほうが、稲が吸収する栄養分が抑制されるので、雑草はそのままにしたほうがいい

などを主なポイントだと指摘している。ただし、本多には、下記に示す米の良好度を簡単に測定できる食味分析計でスコアを上げる要因、原因を独自に解明したと主張している。

米の良食味を測定する方法[編集]

米の良し悪しは、食味分析計と呼ばれる測定器で、

  1. 水分(14-15%が基準値)
  2. タンパク質(低いほうがいい)
  3. アミロース(品種ごとに基準値あり)
  4. 脂肪酸度(基準値16%程度)
  5. スコア(測定器ごとに独自のアルゴリズムがあり、どう計算されるかはブラックボックス化されているが、一般的には80以上、コンクール応募の基準値は85以上とされている)

が弾き出される。

本多は、この食味分析計[14]でスコア100が測定の上限値だが、稀にこの数字を超えてしまうと、「測定不能」と表示される。本多は、86以上のスコアの米しか出荷しない[出典無効][15]が、コンクールでは、限りなく100に近い米を出品している[16][17]。このスコアは、測定器により多少数字が異なるが、95を超えることは相当稀である。

また、玄米に関して、穀粒判別器があり、大雑把に1000粒強を投入し、整粒が80%前後であることが望ましく、残り20%程度は、未熟粒とされるが、その中には、乳白粒や青未熟、腹白、やせ、ねじれ、被害米などがあり、それぞれが粒の数とシェアが瞬時計量できる。これもまた、耕作に関して重要な結果変数である。

食味計で85以上だと、コンクールでは、炊飯して、味度計で測定する。食味計と味度計で測定される数字は、期待値として本来、一致する、または相関関係にあるべきところ、計測器のアルゴリズムが異なるために、必ずしも随伴関係にはない。よって、食味計の数値を多くの場合、超える数値を出す生産者もいれば、同等、もしくは、顕著ではないにせよ、数値が後退することもある。そして、二つの測定で、合計数値が170以上であれば、「プレミアム」[18]とされる。したがって、一次審査である、食味計で85を超え、かつ、味度計で、それをわずかでも超えることが求められる。 本多の出品したコメは、食味計での計測値より、味度計での測定値がほとんどの場合、高い数値が出るというのも、特徴で、そこまで見越した米作りが織り込まれていることが、本多への高い評価の1つの背景である。

家族[編集]

妻のほか、3人の男児がおり、現在、中学生になる三男を後継者として育てている。三男は、史上最年少、小学校6年生で、『第9回お米日本一コンテストinしずおか2012』(米コン2012)で入賞している[19][20]

エピソード[編集]

本多の黄金律を噂に聞いた新潟の米の生産者が、稲作法について教えを乞うたところ[21]、本多は二つ返事で引き受け、3回ほど足を運び、診断し、さらにポイントを指導、指南したところ、その年度から、食味計で90以上の米ができるようになった例[22][23][24]がいくつもある。本多は、このように、幼い時期に周囲の方にご好意でお世話になったので、恩返しをしたいと自身の米作りの方法を講演などで開示している。

また、うまい米とそうでない米の違いは、炊き立てよりも、冷めてしまった時、あるいは温め直した時に大きく出るという。例えば、おにぎりや雑炊などにするときなどに大きな差になると指摘する。

脚注[編集]

  1. ^ 全国作経営者会議”. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ 水月夜生産組合”. 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ アグリサポート有限会社”. facebook. 2016年1月17日閲覧。
  4. ^ 受賞歴”. 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ 「第5回米-1グランプリinらんこし」”. 蘭越町. 2016年1月17日閲覧。
  6. ^ 第8回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト入賞者”. 庄内町. 2016年1月17日閲覧。
  7. ^ 国際総合部門”. 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会. 2016年1月17日閲覧。
  8. ^ 米コン2013”. 静岡県. 2016年1月17日閲覧。
  9. ^ 大阪のいっちゃんうまい!米コンテスト”. 2016年1月17日閲覧。
  10. ^ 株式会社八代目儀兵衛のプレスリリース”. 2016年1月17日閲覧。
  11. ^ [リンク切れ]本多義光氏 日本米コンクール グランドスラム達成祝賀会”. facebook. 2016年1月17日閲覧。
  12. ^ [リンク切れ]「米づくりにかける思い~こだわりの米づくり~」”. facebook. 2016年1月17日閲覧。
  13. ^ [リンク切れ]「米づくりにかける思い~こだわりの米づくり~」”. facebook. 2016年1月17日閲覧。
  14. ^ コシヒカリはなぜおいしい 科学で味わう「うまい米」”. 日本経済新聞. 2016年1月17日閲覧。
  15. ^ 「水月夜生産組合」”. 2016年1月17日閲覧。
  16. ^ [リンク切れ]本多義光”. facebook (2016年4月15日). 2016年4月15日閲覧。
  17. ^ [リンク切れ]本多義光”. facebook (2015年9月21日). 2016年4月15日閲覧。
  18. ^ Premium Licence Club とは?”. 米・食味鑑定士協会. 2016年1月17日閲覧。
  19. ^ [リンク切れ]「第9回お米日本一コンテストinしずおか2012」を開催しました”. 静岡県. 2016年1月17日閲覧。
  20. ^ [リンク切れ]「米づくりにかける思い~こだわりの米づくり~」”. facebook. 2016年1月17日閲覧。
  21. ^ [リンク切れ]「米づくりにかける思い~こだわりの米づくり~」(小千谷市)”. facebook (2014年11月26日). 2016年2月2日閲覧。
  22. ^ [リンク切れ]おいしい米づくり研修会(中之条町)”. facebook (2015年3月5日). 2016年2月2日閲覧。
  23. ^ 米コン2015 通し番号62 細金剛(小千谷市)”. 静岡県. 2016年2月2日閲覧。
  24. ^ 眞田のコシヒカリ小松姫 金井繁行(沼田市)”. 第17回 米・食味分析鑑定コンクール : 国際大会. 2016年2月2日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

動画[編集]