本告正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本告 正(もとおり ただし、1943年昭和18年)1月16日-)は日本の実業家経営コンサルタント。元船井総合研究所社長・副会長。

略歴[編集]

1965年(昭和40年)3月に法政大学経営学部を卒業する。丸忠、シャルム、日本マネジメント協会を経て、1971年(昭和46年)に日本マーケティングセンター(現・船井総合研究所)に入社する。1981年(昭和56年)に取締役社長室長、1984年(昭和59年)に常務取締役東京経営指導本部長、1989年平成元年)3月に代表取締役専務管理本部・総務本部統括担当、1990年(平成2年)3月に代表取締役社長、2000年(平成12年)3月に代表取締役副会長に就任する。

また、2000年(平成12年)3月にコスモプラン代表取締役社長・船井財産コンサルタンツ代表取締役会長、2000年(平成12年)5月に船井総研ロジ代表取締役会長、2001年(平成13年)11月にビジネス社代表取締役会長、2002年(平成14年)3月に船井総合研究所取締役相談役を歴任する。

著書[編集]

  • 『船井流 帝王学-企業発展のカギを握るリーダーの条件とは何か』(実業之日本社、1994)
  • 『船井流 三国志の参謀学』(実業之日本社、1996)
  • 『船井流 トップの器量-個の時代における最強の組織作りと人の生かし方!』(実業之日本社、1998)

参考[編集]

関連項目[編集]