本台山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
本台山城
香川県
別名 多度津城
城郭構造 山城
天守構造 無し
築城主 香川景則(異説あり)
築城年 正平19年・貞治3年(1364年
主な改修者 香川氏累代
主な城主 香川氏当主
廃城年 天正13年(1585年
遺構 石垣
指定文化財 未指定[1]
位置
地図
本台山城の位置(香川県内)
本台山城
本台山城

本台山城(もとだいやまじょう)は香川県仲多度郡多度津町の現桃陵公園一帯に築かれていた日本の城山城)。別名多度津城。東麓の西側(西方寺、観音堂、墓地、光厳寺周辺)に居館があったとされる。

歴史[編集]

正平19年・貞治3年(1364年)、讃岐守護細川氏に従って相模より入部してきた香川氏が築城。天霧城が有事の際の詰の城として使われていたのに対し、平時の居館として使われていた。天正13年(1585年)、豊臣秀吉四国征伐に伴い、香川氏は改易となり、本台山城も廃城となった。

遺構[編集]

史跡等には指定されていないが[1]、公園の東方の丘にある園地の東側に石垣遺構が現存する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「町内文化財一覧」多度津町公式HP

関連項目[編集]