末舛恵一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

末舛 惠一(すえます けいいち、1926年 8月21日- 2015年1月29日[1])は、日本医学者。専門は呼吸器外科学医学博士国立がんセンター名誉総長東京都済生会中央病院名誉院長。神奈川県出身。

略歴[編集]

  • 1943年 神奈川県立横須賀中学校(現神奈川県立横須賀高等学校)卒業
  • 1949年 慶應義塾大学医学部卒業
  • 1957年 「血管拡張剤、血管緊張剤に関する犬の大網循環の顕微鏡的観察(特に実験的出血との関連について)」により慶應義塾大学から医学博士の学位を授与される。
  • 1974年4月 国立がんセンター病院内視鏡部長
  • 1977年8月 国立がんセンター病院外来部長
  • 1978年4月 国立がんセンター病院副院長
  • 1989年4月 国立がんセンター病院長
  • 1992年1月 国立がんセンター総長
  • 1994年3月 定年退職
  • 1997年4月 東京都済生会中央病院 院長
  • 2015年1月29日 死去[1]。88歳歿。没後に正四位を追叙された[2]

学会および社会における活動[編集]

  • 日本胸部外科学会第43回会長、名誉会長
  • 日本肺癌学会第27回会長
  • 日本VR医学会理事長
  • 日本CT検診学会名誉会員
  • 日本癌学会名誉会員
  • 日本がん転移学会名誉会員
  • 日本呼吸器外科学会名誉会員
  • 日本癌治療学会功労会員
  • 日本胃癌学会特別会員
  • 日本外科学会特別会員
  • 日本クリニカルパス学会名誉会員
  • 呼吸器胸腔鏡手術研究会顧問
  • 財団法人高松宮妃癌研究基金理事(1990年-)、理事長(1999年-2008年)
  • 財団法人予防医学事業中央会理事
  • 財団法人日本おもちゃ図書館財団理事

脚注[編集]

  1. ^ a b 訃報:末舛恵一先生 日本CT検診学会公式サイト TOPICS
  2. ^ 『官報』第6487号8頁(平成27年3月9日付)参照