末永直行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

末永 直行(すえなが なおゆき、1923年3月30日 - 2019年5月14日)は、日本の音楽評論家会社経営者駅弁業者である博多鉄道構内営業有限会社(屋号:寿軒)社長

経歴[編集]

福岡県中学修猷館福岡高等商業学校[注 1] を経て、西南学院大学商学部に入学。在学中の1950年(昭和25年)、仏文化使節として来日したピアニストのラザール・レヴィの福岡公演を手伝ったことからフランス音楽・文化に傾倒。

1952年(昭和27年)に大学卒業後、福岡日仏協会の設立に携わり、理事を経て、1978年(昭和53年)会長。また、初代の在福岡フランス名誉領事で、1982年(昭和57年)に締結されたフランスボルドー市福岡市との姉妹都市の橋渡し役も果たす。

1987年(昭和62年)末永文化振興財団を設立し、私財を投じて、九州交響楽団の専用練習場でもある「末永文化センター」を建設する。2006年(平成18年)12月、学校法人福岡大学理事長に選任され、2010年(平成22年)5月まで務めている。

2019年(令和元年)5月14日午前1時57分、肺炎のため福岡市の病院で死去[1]

役職[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 福岡大学の前身。

出典[編集]

関連サイト[編集]