末広町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 末広町
末広町
末広町の位置(愛知県内)
末広町
末広町
末広町の位置
末広町の位置(名古屋市内)
末広町
末広町
末広町の位置
北緯35度9分49.68秒 東経136度54分8.58秒 / 北緯35.1638000度 東経136.9023833度 / 35.1638000; 136.9023833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
Emblem of Naka, Nagoya, Aichi.svg 中区
町名廃止 1969年(昭和44年)10月21日[1]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052
ナンバープレート 名古屋

末広町(すえひろちょう)は、愛知県名古屋市中区地名。1丁目から3丁目までがあった[1]。同区二丁目・栄三丁目・大須二丁目・大須三丁目の各一部に相当する[1]

地理[編集]

東は住吉町3丁目・矢場町1丁目および2丁目、西は白川町3丁目・4丁目・5丁目、南は門前町1丁目、北は鉄砲町3丁目に接していた。

学区[編集]

人口[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 446人[2]
1955年(昭和30年) 528人[2]
1960年(昭和35年) 631人[3]
1965年(昭和40年) 545人[3]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

町幅が南へ行くほど広がることから名付けられたとする説と、扇が関なる関所が所在していたことによるとする説があるという[4]

沿革[編集]

  • 寛永7年 - 従来松原であった地を開発して町家としたことから、松原町と称した[1]
  • 宝永5年 - 時の将軍徳川綱吉の養女松姫の名を避けるため、末広町と改めた[1]
  • 明治4年1872年) - 花屋町筋から門前町木戸間と花屋町の本町筋の東西を編入する[4]
  • 明治5年1873年) - 従来の上之切・中之切・下之切を1丁目から3丁目までに改めた[4]
  • 1878年明治11年)12月28日 - 名古屋区成立に伴い、同区末広町となる[5]
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 名古屋市成立に伴い、同市末広町となる[5]
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 中区成立に伴い、同区末広町となる[1]
  • 1944年昭和19年)2月11日 - 栄区成立に伴い、同区末広町となる[1]
  • 1945年(昭和20年)11月3日 - 栄区廃止に伴い、中区末広町となる[1]
  • 1966年(昭和41年)3月30日 - 住居表示の実施に伴い、1丁目・2丁目の全域と3丁目の一部が、中区栄二丁目・栄三丁目にそれぞれ編入される[1]
  • 1969年(昭和44年)10月21日 - 住居表示の実施に伴い、残存していた3丁目の一部が、中区大須二丁目・大須三丁目に編入され、消滅[1]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年、819頁(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、名古屋市計画局、1992年(日本語)。

関連項目[編集]