末帝 (金)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
末帝 完顔呼敦
第10代皇帝
王朝
在位期間 1234年2月9日
姓・諱 完顔呼敦
王承麟(漢名)
廟号 昭宗[1]
生年 不詳
没年 天興3年1月7日
1234年2月9日
不詳
不詳
陵墓 涇川県太平郷
年号 天興 : 1234年

末帝(まってい)は、の第10代(最後)の皇帝女真名は呼敦(ホトン)、漢名は承麟(しょうりん)。太祖・阿骨打の長兄である康宗・烏雅束(ウヤス)の末裔[1]。父の名は不詳であるが、兄に完顔白撒中国語版(漢名は王承裔)がいる。

生涯[編集]

天興3年(1234年)に族兄(遠縁の“いとこ”)の哀宗から譲位されたが、譲位より半日後、淮西の蔡州城を脱出した際にモンゴル軍により捕らえられ、即日殺害された後に梟首され、金の皇統は絶えた(これは中国史上における皇帝の在位最短記録とされている)。こうして、金は太祖以来119年の歴史を終えた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 続資治通鑑』による