未来をつくった人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
未来をつくった人々
〜ゼロックス・パロアルト研究所とコンピュータエイジの黎明〜
Dealers of Lightning: Xerox Parc and the Dawn of the Computer Age
著者 マイケル・ヒルツィック(Michael Hiltzik)
訳者 鴨澤眞夫
発行日 2001年10月1日
発行元 (株)毎日コミュニケーションズ
ジャンル ノンフィクション
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 A5変型判 (148*210) ハードカバー
ページ数 576
コード ISBN 4-8399-0225-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

未来をつくった人々』(みらいをつくったひとびと、Dealers of Lightning)は、マイケル・ヒルツィックの著作の和訳書。パロアルト研究所と、そこに関係する科学者について書かれた物語。研究所を創設する段階から記されている。

英語版[編集]

原著は英語で記されている。英語版には、ハードカバー版とペーパーバック版がある。

著者[編集]

著者のマイケル・ヒルツィックは、ロサンゼルス・タイムズ紙の通信員アメリカ合衆国カリフォルニア州の南部に在住。

目次[編集]

  • 登場人物
  • タイムライン
  • Introduction タイムマシン
  • Part I天才
    • Chapter1座長
    • Chapter2マカラウの愚行
    • Chapter3ポータードライブの家
    • Chapter4ユートピア
    • Chapter5バークレーのセカンドシステム
    • Chapter6当たり前の人間じゃないんです
    • Chapter7クローン
    • Chapter8発明された未来
  • Part II発明家
    • Chapter9亡命者
    • Chapter10ディーラーをやっつけろ
    • Chapter11スペースウォー
    • Chapter12サッカーの賭け
    • Chapter13ボブジーの双子、ネットワークを作る
    • Chapter14What You See Is What You Get
    • Chapter15過激派として
    • Chapter16のけもの
    • Chapter17ビッグマシン
  • Part IIIメッセンジャー
    • Chapter18フューチャーズ・デイ
    • Chapter19フューチャー+1
    • Chapter20イーサネットを喰うワーム
    • Chapter21シリコン革命
    • Chapter22ビガリズムの転機
    • Chapter23スティーブ・ジョブズ、舞台に出たりて曰く
    • Chapter24超新星
    • Chapter25不意打ち
    • Chapter26座長退場
  • Epilogueゼロックスがふいにしたもの
    • 後年
    • 主要用語解説
    • 謝辞
    • 参考文献
    • 人名英和対照表
    • INDEX

補足[編集]

  • Chapter13 の「ネットワーク」とは、原著によると、イーサネットのこと。
  • Chapter22 の「ビガリズム」は、原著で Biggerism と表記されている。

外部リンク[編集]