木藤俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木藤 俊一(きとう しゅんいち、1956年4月6日[1] - )は、日本石油実業家出光興産代表取締役社長[2]

経歴[編集]

1980年慶應義塾大学法学部を卒業後、出光興産に入社。2005年人事次長2008年経理部次長、2011年執行役員経理部長2013年取締役兼常務執行役員経理部長、2014年常務取締役2017年副社長を歴任。2018年社長に就任する[3][4]2019年、石油需要が減少する中、出光興産は昭和シェル石油と経営統合し、新たな出光興産(通称出光昭和シェル)となり引き続き社長を務める[5][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ - 出光興産、2018年2月14日
  2. ^ トップメッセージ | 会社情報” (日本語). 出光昭和シェル. 2019年4月11日閲覧。
  3. ^ 出光興産社長に木藤氏が昇格” (日本語). 日本経済新聞 (2018年2月14日). 2019年4月11日閲覧。
  4. ^ SHIMBUN,LTD, NIKKAN KOGYO. “出光、社長に木藤氏 「昭シェル合併に全力」”. 日刊工業新聞電子版. 2019年4月11日閲覧。
  5. ^ 統合新社社長に出光の木藤氏 出光と昭シェル、創業家長男が非常勤取締役” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ) (2018年10月17日). 2019年4月11日閲覧。
  6. ^ 新生「出光・昭シェル」 木藤社長を発表” (日本語). 日本経済新聞 (2018年10月16日). 2019年4月11日閲覧。
先代:
月岡隆
出光興産 社長
第11代︰2018年 -
次代:
-