木立裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木立 裕之(きだち ひろゆき、1972年2月6日 - )は、千葉県市川市出身の空手家(四段)。極真会館松井派)城東支部葛西道場の責任者。

人物[編集]

身体はけっして大きくないが技術が非常に高く多彩な技を持つ。相手の動きを読みながらの冷静な捌きと威力のある突きと膝蹴りを見せる。

空手歴は29年(入門は1988年)。初めは千葉県北支部市川道場であったが、後に本部直轄浅草道場に所属する。他流派の空手の経験も3年ある。会社員を続けながら空手をしていたが、空手に専念するために退職。現在は空手指導員。

2009年に行われた第41回全日本空手道選手権大会を最後に現役選手を引退した後、翌年2010年4月から城東支部葛西道場を開き、責任者を務めている。

尊敬する人物は、極真会館本部直轄浅草・柏・神田・松戸・三郷・草加・船堀・南砂道場で責任者を務める神尾伸幸(五段)。好きな食べ物はヨーグルトトムヤンクン

主な戦歴(松井派主催)[編集]

  • 2000年第32回全日本空手道選手権大会 第4位
  • 2004年第36回全日本空手道選手権大会 第8位
  • 2008年第40回全日本空手道選手権大会 第4位
  • 2009年第41回全日本空手道選手権大会 第4位
  • 1997年第1回全世界ウェイト制空手道選手権大会 中量級 第4位
  • 2001年第2回全世界ウェイト制空手道選手権大会 中量級 準優勝
  • 2005年第3回全世界ウェイト制空手道選手権大会 中量級 第3位
  • 1996年第13回全日本ウェイト制空手道選手権大会 中量級  第3位
  • 1998年第15回全日本ウェイト制空手道選手権大会 軽量級  優勝
  • 1999年第16回全日本ウェイト制空手道選手権大会 中量級  優勝
  • 2000年第17回全日本ウェイト制空手道選手権大会 中量級  優勝
  • 2005年第22回全日本ウェイト制空手道選手権大会 軽重量級 優勝

大会に関するエピソード[編集]

第22回全日本ウェイト制空手道選手権大会の軽重量級では、極真会館の全国大会史上初めて、他団体正道会館選手が決勝に進出した。決勝進出の瞬間、会場全体の観客は一気に青ざめ、静かになったという。決勝戦では、木立は左下突きから入り、相手の攻撃を捌いての下段で崩すといった展開であった。途中、相手選手の上段膝蹴りが木立のアゴを捉えるなど、危うい場面もあったが、基本的には木立が有利に試合を進めた。終盤では相手のラッシュがやんだあと、木立がラッシュを繰り広げるなど、見所の多い試合であったと言われる。そして、決勝戦で木立裕之が勝利した時はわれんばかりの拍手が起こり、木立は「極真の救世主」とまで称された。

この事象の背景には、格闘技における極真会館の地位低下がある。いわゆる極真大分裂やK-1やプライド誕生、総合格闘技ブーム以降、松井章圭館長の極真会館は一般的には衰退しているとされる。全日本空手道選手権大会の入場者数も減少している。また、現在は正道会館の選手はテレビなどメディアの露出が多い。

それに比べ極真会館の選手で、現役で活躍しており一般の人にも認知度が高いのはグラウベ・フェイトーザぐらいである。こういった極真会館の相対的地位低下の中で、他流派による決勝進出が起きたのであり、決勝進出が極真会館の地位低下を象徴的に表していると感じた観客もいたのではないか。(ただし、松井館長は他流派の躍進を高く評価している。また、今までの大会は極真選手に有利な判定が多かったのではないかという説もある)

逸話[編集]

社員時代、トレーニングも兼ねて毎日会社までの片道20キロを往復数時間かけて走って通っていた。

外部リンク[編集]