木目調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さまざまな木目

木目調(もくめちょう)は、木材の木目模様(wood grain)または杢目(figured grain)を、印刷や塗装によって表現した[1]デザイン

化粧材(化粧板)・化粧合板のほか、ビニールクロス、市販の木目調シールカッティングシートなどもある。 エボナイト万年筆の軸などに使用)にはマーブル模様のものがあり、これも木目調と称されることがある。

用途[編集]

建築物のインテリアのほか、自動車の内外装や鉄道の内装では、しばしば見られる。 自動車の木目調ステアリング(ハンドル)には、天然木のものと、水圧転写などプリントのものとがある。 木目調のピアノには、ピアノの表面に薄い化粧材(マホガニーウォールナットチェリーなど)が貼られている[2]。 また、2色の樹脂を混合・成形することで木目調の表現を試みる技術(バンダイの呼称は「GRAINIC MOLDING技術」)もあり、プラスチック玩具などに用いられている[3]

かつては、家電製品冷蔵庫扇風機電気釜など)に木目調が用いられたこともあった[4]

英語では、木を用いた自動車は「Woodie」と、木目調の自動車は「Simulated woodgrain」と呼ばれる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]