木津川運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木津川運河(きづがわうんが)は大阪府大阪市大正区南部に位置し、木津川大正内港を結ぶ運河。長さ1832メートル、幅員80メートル、水深O・P(大阪湾中等潮位)1.8メートル[1]

地理[編集]

大阪市大正区と住之江区の境界を成す下流の木津川から分かれ、大正区南恩加島・鶴町と工場地帯の船町間を西へ流れる。その途中、北から大正内港が合流し、大阪港に流れる。

歴史[編集]

明治30年(1897年)より開始された大阪港の第1次修築付帯工事の一環として開削された。大正2年(1913年12月に着工、大正5年(1916年3月に完成した。

その後、当運河付近の木津川運河駅と大正橋駅間[注 1]を結ぶ大阪市電松島南恩加島線が大正7年(1918年10月26日に開通した。その後、昭和42年(1967年8月1日の当線廃止とともに木津川運河駅は姿を消した。

渡船[編集]

船町渡船場

鶴町・船町間で、両岸を結ぶ公営渡船が市営で運航されている。歩行者及び自転車専用で、無償。建設局による運航。

  • 船町渡 大正区鶴町1丁目 - 大正区船町1丁目 日中15分毎。船はふなづるが就航している。

大阪市の渡船については、大阪市の公営渡船も参照。

橋梁[編集]

  • 大船橋

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ のちの大正11年(1922年10月15日に、松島町二丁目駅(現在の西区松島二丁目)まで延伸開業された。

出典[編集]

  1. ^ 『区制60周年記念誌 わがまち大正』 p.35

参考資料[編集]

  • 『区制60周年記念誌 わがまち大正』大正区役所編 1992年発行
  • 『わたしたちのまち大正区』大正区役所編 2007年発行 (大正区年表 p.59 - 63)

関連項目[編集]